ネズミガヤ(鼠萱)

多年草
北海道〜九州の低地の路傍や畑地の周辺、田の畦などに生育し、やや群生する。茎は高さ20〜40cm、根茎はなく、茎の基部は多数分枝して倒伏するが、上部は斜上する。茎は細く平滑、光沢が強い。葉は長さ5〜10cm、幅2〜3mm、葉は線形、無毛。花序は円錐形、1節から1個の枝を出し、枝は長さ7〜15cm、一方に傾く。小穂は灰紫色を帯び1小花からなり、長さ2.5〜3mm。第1包穎は長さ1mm、第2包穎は1.5〜2mm、鋭頭。護穎は3脈、基部に毛を生じ、先端に2微歯があり、歯間から直立する長さ3〜6mmの芒が出る。果実は暗褐色、長さ1.8〜2mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Muhlenbergia japonica
イネ科ネズミガヤ属


2008年9月7日 玉湯花序は10cmくらいある。
ネズミガヤ ネズミガヤ ネズミガヤ
ネズミガヤ ネズミガヤ ネズミガヤ
芒が8mmくらいある。小穂は3mmくらい、包穎はその1/2くらい。包穎をとり除くと護穎の基部に毛がある。
ネズミガヤ ネズミガヤ ネズミガヤ
ネズミガヤ ネズミガヤ ネズミガヤ
ネズミガヤ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑