ネコヤナギ(猫柳)

落葉低木
北海道〜九州の渓流沿いに生える。高さ1〜5mになる。横に広がる匍匐性のものと立ち性のものがある。樹皮は暗灰色。裸材に隆起条はない。新枝は帯紫褐色で、はじめは軟毛が密生する。葉は互生。葉身は長さ7〜13cm,幅1.5〜3cmの長楕円形。先端はがとがり、縁には基部を除いて細かい鋸歯がある。新葉の縁は巻かない。側脈は明瞭で、ほぼ等間隔に並ぶ。裏面には全面に絹毛がある。葉柄は長さ7〜12mm。托葉は大形。雌雄別株。葉の展開前に開花する。花序は長楕円形で無柄。雄花序は長さ3〜5cm。雄しべは2個。花糸は合着して1個、基部には腺体が1個ある。葯は紅色で、花粉は黄色。雌花序は長さ2.5〜4cm。子房はほとんど無柄、白い毛が密生する。花柱は長さ2.5〜3mmで、日本のヤナギ属では最も長い。腺体は1個。苞は披針形で上部は黒色、下部は淡緑色。両面に長い白毛がある。果実はさく果。成熟すると裂開して、柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる綿毛に包まれた種子をだす。花期は3月。
 冬芽の花芽は褐色で長さ1.1〜1.7cmと大きく、軟毛が多い。葉が落ちる晩秋の頃は、肥大した葉柄に包まれている。芽鱗は1個で、枝側で合着して帽子状になっている。葉芽は花芽より小さい。(樹に咲く花)
学名は、Salix gracilistyla
ヤナギ科ヤナギ属


2012年3月21日 雌花(雌株) 八雲雌しべの柱頭が2裂する。
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
花には上部が黒い苞と黄緑色の腺体が1個ある。花柱は約3mm。
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ



2005年4月2日 雄花(雄株) 花粉を出したあと葯は黒くなる。 八雲熊野
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
2012年3月21日 雄花(雄株)の蕾 八雲熊野
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ
2012年4月24日 裂開した果実 八雲
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
種子
ネコヤナギ ネコヤナギ
2012年4月14日 若い果実 八雲横断面(下側)
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
横断面(上側) 先端が黒い苞が見える。
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ
2008年8月9日 東忌部
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ
2007年9月22日 八雲
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ
2007年7月28日 八雲熊野
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ
2008年3月8日 冬芽 八雲
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
2008年4月27日 乃白
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ ネコヤナギ
ネコヤナギ ネコヤナギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑