ナワシロイチゴ(苗代苺)

落葉小低木
日本全土の日当たりの良いところにふつうに生える。茎はつる状に延びてはいまわる。茎や枝は軟毛が密生し、下向きの刺がある。葉は互生。長さ8〜14cmの奇数羽状複葉。ふつう小葉は1対。1年目の茎の葉は大きく、小葉が2対のものもまじる。頂小葉は長さ3〜5cmの菱形状倒卵形。先はまるく、縁には欠刻状の重鋸歯がある。裏面は白い綿毛が密生する。葉柄は長さ3〜5cm。葉柄と葉軸には軟毛と小さな刺がある。托葉は長さ約5mm。枝先や葉腋に紅紫色の花が上向きにつく。花弁は長さ5〜7mmの倒卵形で直立する。萼や花軸、花柄には軟毛が密生し、小さな刺がある。果実は集合果。直径約1.5cmの球形で、6月頃に赤く熟し、食べられる。核は長さ約1.5mm、表面に網状のしわがある。花期は5〜6月。(樹に咲く花)
学名は、Rubus parvifolius
バラ科キイチゴ属


2016年5月17日 野原花弁の先から雌しべの柱頭がのぞいている。花弁が落ち、雄しべの葯が開く。
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ花
雄しべが枯れ始めている。受粉が終わると萼が閉じてくる。
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ



2014年5月17日 玉湯萼は平開するが、花弁は開かない。花弁の先から雌しべの柱頭がのぞいている。
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ花
萼は直径約2cm、花は直径約7mm。花弁を除く、雌しべの周りを雄しべが取り囲んでいる、葯はまだ開いていない。
ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ花
花弁が落ちると、雄しべの葯が開くが、この花は花期が過ぎている。
ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ花 ナワシロイチゴ葉
小葉は長さ約3cm。小葉の裏面は綿毛が密生する。
ナワシロイチゴ葉 ナワシロイチゴ葉裏面 ナワシロイチゴ葉裏面
葉柄の基部に線形で長い托葉がある。
ナワシロイチゴ托葉 ナワシロイチゴ
2006年5月28日 佐草萼は平開するが、花弁は開かない。小葉は、ふつう3個。
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
葉裏は白く、綿毛がある。葉柄基部の線形の托葉。
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2007年5月20日 佐草
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2003年6月1日 乃白
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2016年5月21日 幼果 上本庄受粉が終わると次第に萼が閉じてくる。幼果(上)と蕾。蕾のほうが小さい。
ナワシロイチゴ幼果 ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴ
2015年6月21日 果実 島根集合果の実付きがよくない。
ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実
1個の果実は長さ約7mm。核は長さ2.7〜3.3mm。
ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ核
表面に網目状の凹凸がある。頂小葉は長さ約5.5cm。
ナワシロイチゴ核 ナワシロイチゴ葉 ナワシロイチゴ葉
葉の裏面は白い綿毛が密生する。綿毛が密生し、葉脈に軟毛がある。
ナワシロイチゴ葉裏面 ナワシロイチゴ葉裏面 ナワシロイチゴ葉裏面
葉柄や裏面の葉脈に刺がある。葉柄基部に線形の托葉がある。茎には軟毛が密生し、刺が散生する。
ナワシロイチゴ葉裏面 ナワシロイチゴ托葉 ナワシロイチゴ茎
ナワシロイチゴ茎 ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2014年6月24日 果実 古曽志
ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実
集合果は直径約1.5cm。果床と果実。
ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実
果実の落ちた果床。果実は7〜9mm。
ナワシロイチゴ果床 ナワシロイチゴ果実 ナワシロイチゴ果実
核は長さ2.5〜3mm。表面に網目模様がある。
ナワシロイチゴ核 ナワシロイチゴ核 ナワシロイチゴ核
ナワシロイチゴ核 ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2003年6月21日 果実 乃白
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2010年4月28日 玉湯
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2007年1月15日 冬芽 乃白
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
2012年3月11日 冬芽 玉湯残っている葉
ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑