ナツツバキ(夏椿)

落葉高木。
福島・新潟県以西〜九州の山地の林内に生える。高さ15mほどになる。樹皮はなめらか。10年目ぐらいになると、古い樹皮が薄片状にはげ落ちて、灰白色や赤褐色の大きな斑紋になる。葉は互生。葉身は長さ4〜10cm、幅2.5〜5cmの楕円形〜長楕円形。裏面に伏毛が生え、脈腋に毛叢がある。葉柄は3〜15mm。本年枝の葉腋に直径5〜6cmの白い花をつける。花弁は5個、ふちは波打ち、細かい鋸歯がまばらにある。外面には白い絹毛が密生する。果実はさく果。直径1.5cmほど。9〜10月に熟し、5裂する。種子は長さ約6mm、翼があるものとないものがある。花期は6〜7月。
冬芽は長さ9〜13mmの紡錘形で扁平。芽鱗は2〜5個。(樹に咲く花)
学名は、Stewartia pseudo-camellia
ツバキ科ナツツバキ属


2016年7月24日 落ちた花 八雲花は長さ約4cm。花弁の縁は鋸歯がある。
ナツツバキ花 ナツツバキ花弁 ナツツバキ花弁
花弁の裏面には毛が密生する。樹皮は斑紋がある。
ナツツバキ花弁 ナツツバキ樹皮 ナツツバキ
2011年6月29日 落ちた花 八雲
ナツツバキ花 ナツツバキ花弁
2011年5月4日 短枝の葉 八雲長枝の葉。互生する。葉は長さ約7cm。
ナツツバキ葉 ナツツバキ葉 ナツツバキ葉
表面は無毛裏面は伏毛が密生する。浅い鋸歯がある。
ナツツバキ葉 ナツツバキ葉裏面 ナツツバキ葉
ナツツバキ ナツツバキ ナツツバキ樹皮
ナツツバキ



2012年3月21日 果実殻 八雲
ナツツバキ果実殻 ナツツバキ ナツツバキ
落ちていた果実殻種子を出した果実殻
ナツツバキ果実殻 ナツツバキ果実殻 ナツツバキ樹皮
ナツツバキ
2013年3月24日 芽吹き 八雲
ナツツバキ芽吹き ナツツバキ芽吹き ナツツバキ芽吹き
ナツツバキ樹皮 ナツツバキ
2012年3月21日 冬芽 八雲
ナツツバキ冬芽 ナツツバキ冬芽 ナツツバキ冬芽
ナツツバキ冬芽 ナツツバキ樹皮 ナツツバキ樹皮
ナツツバキ
2010年7月10日 丸倉山
ナツツバキ葉 ナツツバキ葉裏面 ナツツバキ
葉は長さ約11cm。
ナツツバキ葉 ナツツバキ葉裏面 ナツツバキ葉裏面
ナツツバキ樹皮 ナツツバキ ナツツバキ
2003年6月14日 植栽 木次平田
ナツツバキ ナツツバキ ナツツバキ
ナツツバキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑