ナツメ(棗)

落葉小高木
中国北部原産。高さ10mほどになる。樹皮は黒褐色〜灰色。小さく不規則に縦の割れ目が入る。枝は無毛。長枝には托葉から変化した刺が2個あり、うち1個は短く下に曲がって鈎形になる。短枝には細い小枝が束生する。葉は互生。葉身は長さ2〜4cm、幅1〜2.5cmの卵状楕円形〜卵形。3個の脈が目立ち、ふちには不ぞろいな鈍い鋸歯がある。短枝に束生する小枝の葉腋に黄緑色の小さな花を数個ずつつける。花は直径5〜6mm。果実は核果。長さ1.5〜2.5cmの楕円形で、10〜11月に暗紅色に熟す。核は卵形〜長楕円形で両端は鋭くとがり、不規則な縦の溝がある。花期は6〜7月。(樹に咲く花)
学名は、Zizyphus jujuba
クロウメモドキ科ナツメ属
 枝に刺のあるものをヤマナツメ( Ziziphus jujuba var. jujuba)、刺のないものをナツメ(Ziziphus jujuba var. inermis)というが、広義にはそれらを含めてナツメという。



2017年6月15日 野生化 荘成

ナツメ

ナツメ

ナツメ

葉柄の基部に1対の刺がある。

ナツメ

ナツメ

ナツメ

3脈が目立ち、細かな鋸歯がある。葉は長さ約6cm。

ナツメ

ナツメ

ナツメ

切り株から生えたひこばえ。未舗装道路に地下茎が延び多数の吸枝が出ている。

ナツメ

ナツメ

ナツメ





2006年10月15日 果実 街路樹 西忌部3脈が目立ち、細かな鋸歯がある。

ナツメ

ナツメ

ナツメ

ナツメ

ナツメ

ナツメ

ナツメ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑