ナタネタビラコ(菜種田平子)

1年草
ヨーロッパ原産。1959年に神奈川県で見いだされ、東海地方などで散発的に帰化状態にあった。茎は上部をのぞいて白い短毛を布いて直立し、高さ80cmほどになる。茎の下部につく葉は有柄で、頂裂片は卵形で大きく、基部はダイコンの葉のように深裂する。茎の上部の葉は無柄で長菱形〜披針形で粗い鋸歯を有する。茎の上部で分岐し、直径1cmほどの黄色の舌状花のみからなる頭状花を多数つける。そう果は冠毛を欠く。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Lapsana communis
キク科ナタネタビラコ属


2008年6月8日 西川津
ナタネタビラコ花 ナタネタビラコ花 ナタネタビラコ葉
ナタネタビラコ ナタネタビラコ



2007年6月2日 西川津果実
ナタネタビラコ花 ナタネタビラコ花 ナタネタビラコ果実
萼をはずす。冠毛はない。冠毛のない果実。果実は長さ約4mm。
ナタネタビラコ ナタネタビラコ果実 ナタネタビラコ果実
冠毛はない。上部の葉は披針形。
ナタネタビラコ果実 ナタネタビラコ花 ナタネタビラコ葉
下部の葉の頂裂片は大きい。葉は深裂する。茎には毛(腺毛?)がある。
ナタネタビラコ葉 ナタネタビラコ葉裏面 ナタネタビラコ茎
最下部の葉は羽状に深裂する。
ナタネタビラコ葉 ナタネタビラコ ナタネタビラコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑