ナルコビエ(鳴子稗)

1年草
本州〜沖縄の川原や原野、耕地の周辺などに生育し、単性または群生する。茎は高さ40〜70cm、直立叢生する。葉は長さ5〜20cm、幅5〜10mm。花序は総状、中軸は長さ7〜10cm、偏側に4〜6個の枝を出し、中軸や枝に軟毛が密生する。小穂は2小花からなり、卵状楕円形、長さ4〜4.5mm、短毛があり、下部に白色の総苞毛がつく。第1包穎は退化し小穂の基部をとりまく環状の鞘となる。果実は広楕円形、腹面は扁平、灰黄色、長さ2.5〜3mm。花期は7〜8月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Eriochloa villosa
イネ科ナルコビエ属


2012年7月31日 鹿島
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ



2010年8月28日 玉湯
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
2008年8月2日 八雲須谷
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ

葉表の毛の様子。葉裏の毛の様子。
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ
2009年9月19日 八雲
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ ナルコビエ
ナルコビエ ナルコビエ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑