ナンキンハゼ(南京櫨)

落葉高木
中国原産。各地に植栽され、野生化している。高さ15m、直径35cmほどになる。樹皮は灰褐色で不規則に縦に裂ける。若枝は淡緑色でのちに褐色。枝や葉を傷つけると白い乳液がでる。葉は互生。葉身は長さ3.5〜8cm、幅3.5〜7cmの菱形状卵形。先は尾状に長くとがり、基部は広いくさび形または切形。縁は全縁。両面とも無毛。葉身の表面基部に腺が2個ある。葉柄は長さ2〜8cm。托葉は小さくて落ちやすい。枝先に長さ6〜18cmの総状花序をだし、黄色の小さな花を多数つける。花序の上部に多数の雄花、基部に0〜数個の雌花がつく。雄花は長さ2〜3mmの柄があり、萼は皿状で3浅裂し、雄しべは2個。雌花は3mmほどの柄があり、萼は3裂する。子房は長さ約2mm、花柱は3個。花柄の基部には卵形の苞があり、苞の左右には大きな腺体がつく。果実はさく果。3稜のある扁球形で、直径約1.5cm。10〜11月に褐色に熟して裂開し、3個の種子を出す。種子は約7mmの広卵形。白いロウ質の仮種皮に包まれ、冬になっても果実の中軸についたまま残っていることが多い。花期は7月
冬芽は丸みのある三角形で、外側の2個の芽鱗が目立つ。葉痕は半円形で、左右に托葉が変化した突起がある。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Triadica sebifera
トウダイグサ科ナンキンハゼ属


2012年7月21日 西川津雌花雌花は花序の基部につく。
ナンキンハゼ雌花 ナンキンハゼ雌花 ナンキンハゼ花序
雌花が咲く頃に雄花はまだ咲いていない。
ナンキンハゼ雌花 ナンキンハゼ雌花 ナンキンハゼ花序
葉身基部の腺。普通は2個ある。
ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ葉
ナンキンハゼ葉裏面 ナンキンハゼ樹皮 ナンキンハゼ
雄花。雄花には2個の雄しべがある。雄花が開く頃には雌花は結実している。
ナンキンハゼ雄花 ナンキンハゼ雄花 ナンキンハゼ花序
長い花序の基部に雌花がある。
ナンキンハゼ花序 ナンキンハゼ



2010年7月10日 玉湯
ナンキンハゼ花序 ナンキンハゼ花序 ナンキンハゼ

葉身基部に腺がある。
ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ葉裏面
2004年7月4日 西長江
ナンキンハゼ花序 ナンキンハゼ花序 ナンキンハゼ
ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ
2010年9月11日 若い果実 八雲
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ果実
ナンキンハゼ
2014年2月24日 種子 西川津果皮が3裂してとれると、白い仮種皮に包まれた種子がでる。
ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ種子
果実は熟すと3裂する。種子は長さ7〜9mm。種子は白いろう質の仮種皮に包まれている。
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子
縦断面。白い仮種皮の内側に黒い種皮の種子がある。胚乳をはずした種皮の内面。種子は長さ約8mm。
ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子
ナンキンハゼ ナンキンハゼ
2006年2月19日 果皮がとれた種子 風土記の丘
ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子
2008年11月15日 果皮が割れて白い仮種皮に包まれた種子が出る。 西川津
ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子 ナンキンハゼ種子
青い果実。紅葉した葉。
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ紅葉
葉身の基部に2個の腺がある。
ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ
2009年11月7日 果実 乃木福富果実は熟すと先端から3裂し白い種子をだす。
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ果実
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ葉裏面
葉の基部に2個の腺がある。
ナンキンハゼ葉 ナンキンハゼ樹皮 ナンキンハゼ樹皮

冬芽
ナンキンハゼ ナンキンハゼ冬芽 ナンキンハゼ冬芽
2010年2月19日 冬芽 西川津
ナンキンハゼ冬芽 ナンキンハゼ冬芽 ナンキンハゼ冬芽
ナンキンハゼ枝 ナンキンハゼ樹皮 ナンキンハゼ
2010年1月30日 冬芽 玉湯
ナンキンハゼ冬芽 ナンキンハゼ冬芽 ナンキンハゼ冬芽
ナンキンハゼ果実 ナンキンハゼ樹皮 ナンキンハゼ
2010年6月16日 幼木 玉湯
ナンキンハゼ ナンキンハゼ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑