ナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)

多年草
奈良県以西〜九州に分布。ウラシマソウに似るが全体に小さい。高さ30〜40cm。葉は1枚で、13〜15枚の小葉が鳥足状につく。小葉の長さは8〜25cm、細くて先は尖る。葉が細いこと、主脈が白い筋状になることで、ウラシマソウと区別できる。仏炎苞は長さ5〜8cm。口辺部は張り出し暗紫色。舷部の先は細くやや長くなる。仏炎苞の中にある、付属体の下は膨れてしわがある。花期は3〜5月。(広島の山野草)
学名は、Arisaema thunbergii subsp. thunbergii
サトイモ科テンナンショウ属
同じ仲間にウラシマソウがある。


2015年5月21日 玉湯付属体は高く伸び、先は垂れ下がる。
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
小葉の主脈が白い筋状になる。
ナンゴクウラシマソウ
付属体が落ちた花後の個体。付属体基部は黄白色でしわがある。
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
肉穂花序には枯れた雄花があった。小葉の主脈が白い筋状になる。
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
ナンゴクウラシマソウ



2009年4月19日 宍道付属体の基部は白く、しわがある。
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
主脈が白い筋状になる。
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
2006年4月30日 玉湯
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
ナンゴクウラシマソウ
2008年5月4日 仏炎苞の内部 玉湯付属体基部は白く、しわが多い。内部の雄花序
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
雄花
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
2005年6月19日 果実 玉湯
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ
ナンゴクウラシマソウ
2009年4月12日 八雲
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑