ナキリスゲ(菜切菅)

常緑多年草。
関東・新潟県以西〜九州の平地から低山地の樹林内や林縁林床や林縁に生える。根茎は短く叢生し、匐枝は出さない。基部の鞘は葉身があり、濃褐色で後に繊維に分解する。葉は硬く濃緑色、幅2〜4mm。有花茎は高さ40〜80cm。苞は有鞘、上方のものは刺状、下方のものは小穂より長い葉身がある。小穂は1節に1〜3個つけ、ときに枝を分け、長さ1〜2cm、幅3〜3.5mm、すべて雄雌性で、雄花部は短い。果胞は長さ2.8〜3.5mm、脈が目立ち、やや開出した短毛がある。柱頭は2岐、果実の断面はレンズ状。果期は9〜11月。(日本のスゲ)
学名は、Carex lenta
カヤツリグサ科スゲ属ナキリスゲ節
よく似たコゴメスゲは果胞が長さ2.5〜3mm、ナキリスゲは2.8〜3.5mm。匍匐枝はなく大株となる。センダイスゲは長い匍匐根茎があり疎らに生え、果胞は長さ3〜3.5mm。


2015年10月3日 東長江小穂は雄雌性で先端に雄花部がある。
ナキリスゲ花序 ナキリスゲ小穂 ナキリスゲ花序
小穂は長さ約2.3cm。雄花部は長さ約4mm、小穂の幅約3mm。
ナキリスゲ花序 ナキリスゲ小穂 ナキリスゲ小穂
果胞は鱗片より著しく長い。雌鱗片は長さ約2.4mm。
ナキリスゲ小穂 ナキリスゲ果胞と鱗片 ナキリスゲ果胞と鱗片
果胞は長さ3〜3.5mm。果胞は開出毛が密生し、口部は2歯。果実は長さ約2mm、柱頭は2岐。
ナキリスゲ果胞 ナキリスゲ果胞 ナキリスゲ果実
花茎は長さ約50cm。
ナキリスゲ果実 ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ



2015年9月29日 東忌部
ナキリスゲ花序 ナキリスゲ花序 ナキリスゲ花序
小穂は長さ約2.3cm。小穂の先端に雄性部がある雄雌性。
ナキリスゲ花序 ナキリスゲ小穂 ナキリスゲ小穂
柱頭は2岐する。果胞は鱗片より著しく長い。果胞は長さ約3.1mm、雌鱗片は1.8mm。
ナキリスゲ小穂 ナキリスゲ果胞と鱗片 ナキリスゲ果胞と鱗片
果胞は長さ約3.1mm。果胞は開出する毛が多い、口部は2歯。果実は長さ約1.6mm
ナキリスゲ果胞 ナキリスゲ果胞 ナキリスゲ果実
果実は長さ約1.7mm果実は長さ1.5〜1.7mm。
ナキリスゲ果実 ナキリスゲ果実 ナキリスゲ
花茎は長さ約43cm。
ナキリスゲ ナキリスゲ
2011年9月7日 東長江
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
2008年11月15日 小穂は雄雌性。 楽山公園果胞には脈が目立ち、毛が多い。柱頭は2岐。
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
果胞は長さ約3mm。葉の表面。葉の裏面。
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
2009年9月21日 宍道
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ
2007年9月15日 東忌部上部の雄花は短い。柱頭は2個。果胞には刺状の毛がある。
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
葉の縁はざらつく。
ナキリスゲ ナキリスゲ ナキリスゲ
ナキリスゲ ナキリスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑