ナガミノツルキケマン(長実蔓黄華鬘)

1〜越年草
北海道〜九州の山地の道路沿いや林縁に生える。茎には稜がありやや太く、長さ1〜2m、よく分枝する。葉は軟かく2〜3回3出複葉、小葉は深く3裂し、ほぼ倒卵形。花は花序に多数つき、濃い黄色で花弁に紫色が入る。距は少し曲がるか水平。苞は細く幅2〜5mm。さく果は線状倒披針形で幅2〜2.5mm、多数ぶら下がってつく。種子は1列に並ぶ。花期は8〜10月。(広島の山野草)
学名は、Corydalis raddeana
ケシ科キケマン属
関東、中部地方には母種のツルキケマンがあり、種子が2列に並ぶ。


2012年9月12日 八雲
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
花は長さ約2cm。花柄上部に長さ約3mmの鱗片状の萼がある。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
果実は長さ約1.6cm。種子は1列に並ぶ。種子は直径約2mm。エライオソームがつく。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
花柄の基部に苞がつく。苞は卵形で全縁。長い花序に花がまばらにつく。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
葉は3回3出複葉。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
小葉は3深裂する。茎には稜がある。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
花は長い花序に総状につく。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン



2012年9月24日 八雲蕾の花序。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
花柄の上部に鱗片状の萼がある。果実は曲がらず、くびれもなく、種子は1列に並ぶ。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
果実は長さ約2cm。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
種子は直径約2mm。エライオソームがつく。熟すと果皮がめくれて種子を飛ばす。茎には4稜がある。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
茎は長いものは170cm以上ある。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
2012年10月25日 果実 八雲
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
熟すと、果皮が巻き上がって種子を飛ばす。 巻き上がった果皮。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
種子は直径約2mm、円滑、白い種枕がつく。
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
2006年11月5日 雲南市掛合苞葉は全縁
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン
果実
ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン ナガミノツルキケマン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑