ナガエミクリ(長柄実栗)

多年草
北海道南西部〜九州の湖沼やため池、河川、水路などに生育する抽水植物。湧水河川に特に多く、しばしば流れになびく沈水形〜浮葉形となる。全高70〜130cm、横たわると全長150cmを超えることもある。葉は幅(5〜)8〜14mm、抽水葉では背稜が顕著で断面は三角状だが、浮葉や沈水葉では背稜が目立たなくなる。この状態がしばしばセキショウモと誤認されるが、葉脈のパターンと葉縁に鋸歯がないことで区別できる。花序は分枝しない。 雌性頭花は3〜7個で、少なくとも下側の1〜3個は長さ7〜50mmの柄があり、主軸とは合着しない(腋性)。上側の頭花は着性になるが、中間の頭花はときに腋上性を示す。果時には直径1.5〜2cmになり、上部の頭花は接近する。雄性頭花は4〜9個で、雌性頭花からは離れてつく。果実は紡錘形で長さ4〜6mm、幅約2mm、全体に流線形で他種の果実に比べ細長く、先端は嘴状に尖る。花期は6〜9月。(日本の水草)
学名は、Sparganium japonicum
ガマ科ミクリ属


2012年8月26日 雌頭花 八雲下部の頭花には柄がある。
ナガエミクリ雌花 ナガエミクリ雌花 ナガエミクリ雌花
雄頭花雄頭花(上)と雌頭花(下)
ナガエミクリ雌花 ナガエミクリ雄花 ナガエミクリ花
花序は分岐しない。
ナガエミクリ ナガエミクリ
抽水葉の表面。葉の幅は約8mm。抽水葉の裏面には稜がある。抽水葉の断面。
ナガエミクリ葉 ナガエミクリ葉 ナガエミクリ葉
ナガエミクリ



2012年8月8日 若い果実 八雲最下の頭花に柄がある。若い果実
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実
ナガエミクリ
雄頭花雌頭花
ナガエミクリ ナガエミクリ雄花 ナガエミクリ雌花
ナガエミクリ
雄頭花雌頭花
ナガエミクリ ナガエミクリ雄花 ナガエミクリ雌花
果実
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ
2012年10月25日 果実 八雲下部の頭花には柄がある。
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ ナガエミクリ
直径約1.8cm。横断面。果実の下部に花被片がある。花被片が下半部に残る。先端が嘴状に尖る。
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実
花被に包まれた果実。花被(左)、果実は紡錘形、長さ約4mm。
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実
果皮の中はスポンジ状のものがある。果実には種子が1個入る。種子は長さ約2.5mm。
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ種子 ナガエミクリ種子
花被片は4枚ある。
ナガエミクリ花被片 ナガエミクリ花被片 ナガエミクリ
2012年9月20日 若い果実 八雲
ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実 ナガエミクリ果実
ナガエミクリ ナガエミクリ
2012年7月24日 浮葉 八雲浮葉の幅は約9mm、縁は全縁。
ナガエミクリ浮葉 ナガエミクリ浮葉 ナガエミクリ浮葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑