ナガエフタバムグラ(長柄双葉葎)

1年草
本州〜沖縄。フタバムグラの変種。フタバムグラの花柄や果柄が長さ1〜3mmと短く、柄が殆どないように見えるのに対し、ナガエフタバムグラは長さ5〜8mmの柄がある。中間型もある。花期は8〜9月。(野に咲く花)
学名は、Hedyotis diffusa var. longipes
アカネ科フタバムグラ属
 花(果)柄がごく短いフタバムグラ(H. diffusa)の変種として区別される場合があるが、長さの変化は連続的であるとしてYListでは区別されていない。


2012年9月12日 蕾 八雲若い果実。残存する萼が目立つ。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
若い果実。直径約3mm。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
果柄が長さ約6mmある。葉は長さ約2cm、幅約1mm。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
托葉の縁が櫛の歯状に裂ける。果実の横断面。若い種子は長さ約0.4mm。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
ナガエフタバムグラ



2012年10月9日 果実 八雲果柄が長い。果実(右)、縦断面(上)、横断面(下)
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
種子は長さ約0.4mm。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑