ナガバノイタチシダ(長葉の鼬羊歯)

常緑シダ植物
葉柄は褐色、下部で暗褐色、基部に広披針形、淡褐色の鱗片がつく。葉身は卵状長楕円形の2回羽状複葉〜3回羽状深裂、葉身の先端はやや急に狭くなる。最下羽片の後側第1小羽片は幅広くて大きい。小羽片の先端の辺縁に鋸歯があり、羽軸裏に鱗片はつかない。ソーラスは小羽片の中肋近くにつく。
学名は、Dryopteris sparsa
オシダ科オシダ属


2009年8月8日 鹿島
ナガバノイタチシダ ナガバノイタチシダ ナガバノイタチシダ
ナガバノイタチシダ ナガバノイタチシダ ナガバノイタチシダ
ナガバノイタチシダ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑