ムツオレグサ(六折草)

多年草
本州〜沖縄の水田や池畔などに生育し、やや群生する。茎は高さ30〜90cm、柔らかく平滑、基部は長く泥の上を匍匐し、節々に新苗をつける。葉は長さ10〜30cm、幅5〜8mm、平滑・無毛。葉舌は鋭形、長さ5〜7mm。葉鞘は長く、平滑、無毛。花序は細長く、長さ20〜40cm、節間は4〜5cm、各節から1〜2個の花軸に圧着する枝を出し、少数の小穂をつける。小穂は線状円柱形、長さ3〜4cm、8〜15小花からなる。小花は長さ10mm、無毛。第1苞穎は披針形、長さ3.5〜3.8mm、第2苞穎は4〜4.5mm。護頴は広披針形、長さ8mm、内頴は護穎より長く先は2裂する。果実は暗褐色、長さ3mm。花期は5〜6月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Glyceria acutiflora
イネ科ドジョウツナギ属


2010年4月25日 東忌部葉舌は大きい。
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
花序は20cmくらい。小穂は3cmくらい。
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
小穂の基部に長短の苞穎がある。小花を開いた様子。
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
内頴は護穎より長く、先が2裂する。
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ



2010年4月25日 小さなものは水面に細い葉を浮かべている。東忌部
ムツオレグサ ムツオレグサ ムツオレグサ
ムツオレグサ ムツオレグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑