ムシトリナデシコ(虫取撫子)

1〜越年草
ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来した。庭に植えたり、切り花用にするが、海岸近くや道ばたに野生化しているものもある。高さ30〜60cmで、全体に粉白色を帯びる。茎の上部の節の下から粘液をだし、虫がくっつく。葉は長さ3〜5cmの卵形〜卵状被針形。花は直径約1cmで、密に集まって咲く。花の色は紅色、淡紅色、まれに白色もある。花弁の舷部に2個ずつある披針形の鱗片がよく目立つ。花期は5〜6月。(野に咲く花)
学名は、Silene armeria
ナデシコ科マンテマ属


2014年5月25日 玉湯雄性期、先に雄しべが出る。雌性期、雄しべが枯れ雌しべ出る。
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花
花弁に2個ずつの突起状の鱗片がある。蕾。
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ蕾 ムシトリナデシコ花
花には長さ約1.5cmの長い萼筒がある。花は直径約1.5cm。花弁と萼筒を除いたところ。
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花
葉は対生する。葉は長さ約5cm。
ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ葉裏面
上部の茎の節間に粘液を出す。葉は長さ約5cm。
ムシトリナデシコ茎 ムシトリナデシコ花序 ムシトリナデシコ



2013年6月6日 八雲
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花
花は直径約1.5cm。萼筒は長さ約1.5cm。
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花
節の下に粘液をだす部分がある。
ムシトリナデシコ茎 ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ
2009年5月31日 八雲
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ茎 ムシトリナデシコ葉
ムシトリナデシコ
2005年5月22日 宍道
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ茎 ムシトリナデシコ
ムシトリナデシコ
2005年6月12日 八雲
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ葉
ムシトリナデシコ
2003年5月28日 乃白
ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ花 ムシトリナデシコ葉
ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ
2015年8月11日 果実 玉湯先端が6裂し種子が出る。
ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実
まだ裂けていない果実。先が裂けた果実。
ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実
枯れた花弁や雄しべが残り、萼に包まれた果実、長さ約7mm。萼を除くと中に果実がある。
ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実 ムシトリナデシコ果実
種子は長さ0.6〜0.7mm。畝状の隆起が放射状に伸びる。
ムシトリナデシコ種子 ムシトリナデシコ種子 ムシトリナデシコ種子
畝には鋸歯状の小突起がある。
ムシトリナデシコ種子 ムシトリナデシコ
2010年5月8日 八雲
ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ葉 ムシトリナデシコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑