ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥し)

多年草
地中海沿岸原産。日本には明治初期に入り、北海道などで栽培されているほか、各地に帰化している。日本で見られるウマゴヤシ属のなかで、紫色の花が咲くのはムラサキウマゴヤシだけなので、見分けやすいが、茎が直立し、小葉が細長いのも特徴。高さは30〜90cm。小葉は長さ2〜3cm、幅0.5〜1cm。豆果はらせん状に巻くが、ウマゴヤシのような刺はない。直径約5mm。花期は5〜9月。(野に咲く花)
学名は、Medicago savita
マメ科ウマゴヤシ属


2012年7月18日 東出雲
ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花
花は長さ約9mm。
ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花序
果実はらせん状に丸くなる。果実は直径約5mm。
ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実
ムラサキウマゴヤシ葉 ムラサキウマゴヤシ葉裏面 ムラサキウマゴヤシ托葉
ムラサキウマゴヤシ ムラサキウマゴヤシ ムラサキウマゴヤシ



2011年8月16日 東出雲
ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花 ムラサキウマゴヤシ花
果実はらせん状に巻く。果実に刺はないが、長い毛が見える。
ムラサキウマゴヤシ花序 ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実
果実は直径約4mm。
ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ葉
小葉の先端部に鋸歯がある。
ムラサキウマゴヤシ葉 ムラサキウマゴヤシ葉 ムラサキウマゴヤシ葉裏面
葉柄基部の托葉。茎や枝、葉柄に毛がある。
ムラサキウマゴヤシ托葉 ムラサキウマゴヤシ茎 ムラサキウマゴヤシ
ムラサキウマゴヤシ ムラサキウマゴヤシ
2013年8月21日 果実 東出雲果実はらせん状に巻く。
ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実
果実は長さ約10mm、直径約5mm。果実は長さ約8mm、直径約5mm。果実の縦断面。
ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実 ムラサキウマゴヤシ果実
未熟な種子のみだった、長さ1.5〜2.5mm。
ムラサキウマゴヤシ種子 ムラサキウマゴヤシ ムラサキウマゴヤシ
2013年3月19日 東出雲葉柄基部の托葉。
ムラサキウマゴヤシ葉 ムラサキウマゴヤシ托葉 ムラサキウマゴヤシ托葉
ムラサキウマゴヤシ ムラサキウマゴヤシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑