ムカゴイラクサ(珠芽刺草)

多年草
北海道〜九州の山地の木陰に生える。根は紡錘状になることがある。茎は高さ40〜70cm、刺毛があり上部には細毛がある。葉は卵状楕円形、長さ5〜15cm、鋭尖頭、基部は円く、縁は鈍鋸歯、刺毛を散生し、上面に細点がある。葉柄は長さ葉の1/2以下。葉腋に珠芽がつく。花は雌雄同株につく。雄花序は葉腋に出て円錐形、雄花は直径2mm、花糸は花被と離生。雌花序は頂の葉腋から出て円錐形、枝は片方だけである。雌花の2花被片は花後大きくなる。果実はゆがんだ円形で長さ3mm、斜につきだす短柄がある。花柱は線形。花期は8〜9月。(山に咲く花)
学名は、Laportea bulbifera
イラクサ科ムカゴイラクサ属
よく似たイラクサは葉が対生し、ミヤマイラクサは葉が尾状にのびる。


2011年9月14日 雌花序 玉湯雌花の刺状の花柱が目立つ。
ムカゴイラクサ雌花 ムカゴイラクサ雌花 ムカゴイラクサ雌花
雌花序は上部の葉腋につく。雄花序は下部の葉腋につく。
ムカゴイラクサ雌花序 ムカゴイラクサ雄花序 ムカゴイラクサ雄花蕾
上部に雌花序、下部に雄花序がつく。茎には刺毛があり、下部の葉柄のつけ根に珠芽(むかご)がつく。
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ茎
ムカゴイラクサ葉 ムカゴイラクサ葉 ムカゴイラクサ葉
ムカゴイラクサ葉裏面 ムカゴイラクサ



2014年8月23日 雄花 新庄花は直径約2.5mm。
ムカゴイラクサ雄花 ムカゴイラクサ雄花 ムカゴイラクサ雄花
葉腋に珠芽が固まってつく。
ムカゴイラクサ雄花序 ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ珠芽
珠芽は長さ約1cm。珠芽の横断面。葉身は長さ約11cm、長い葉柄がある。
ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ葉
表面に刺毛がある。表面の刺毛と細点。
ムカゴイラクサ葉 ムカゴイラクサ葉 ムカゴイラクサ葉
裏面脈上の毛と細点。
ムカゴイラクサ葉裏面 ムカゴイラクサ葉裏面 ムカゴイラクサ葉裏面
茎に刺毛がある。
ムカゴイラクサ茎 ムカゴイラクサ
ムカゴイラクサ
2006年9月2日 雄花とむかご 八雲むかご。 茎には刺がある。
ムカゴイラクサ雄花序 ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ葉
葉の表面には刺がある。
ムカゴイラクサ葉 ムカゴイラクサ葉裏面 ムカゴイラクサ
2004年10月3日 雌花 八雲刺状の花柱が目立つ。
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ
ムカゴイラクサ
2005年8月28日 八雲
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ
2011年11月26日 果実 玉湯果実は長いハート状。
ムカゴイラクサ果実 ムカゴイラクサ果実 ムカゴイラクサ果序
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ
むかご
ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ珠芽 ムカゴイラクサ
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ
2005年5月28日 八雲
ムカゴイラクサ ムカゴイラクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑