モミジバフウ(紅葉葉楓)

落葉高木
北米中南部〜中米原産。高さ20mほどになる。大きなものは高さ40mにもなる。樹皮は灰色。老木では黒褐色になり、縦に裂け目が入る。枝は無毛。楕円形の皮目が多く、コルク質が発達し、翼状にはりだす。葉は互生。葉身は14〜22cm、幅9〜15cmで、掌状に5〜7中裂し、掌状の5個の脈が目立つ。ふちには不ぞろいの細かい鋸歯がある。表面は無毛。裏面の主脈の基部には黄褐色の毛叢がある。葉柄は長さ4〜12cm。晩秋、きれいに紅葉する。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花と雌花は別々に頭状花序を作る。雄花序は総状に集まってつき、雌花序は1個が垂れ下がる。花には花弁はない。果実はさく果が多数集まった集合果で、直径3〜4cmの球形。さび色に熟す。花柱が刺状になって残り、クリのいがのように見える。果実には翼があり、楕円形で長さ6〜8mm。別名 アメリカフウ。花期は4月。
冬芽は長さ7〜11mmの卵形〜長卵形。芽鱗は6〜10個、赤褐色で光沢がある。葉痕は半円形〜腎臓形で隆起する。維管束痕は大きく3個。(樹に咲く花)
学名は、Liquidambar styraciflua
フウ科フウ属


2010年6月20日 植栽 風土記の丘
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ



2011年5月7日  植栽 西谷主脈基部に毛叢がある。
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
枝にコルク質が翼状に張り出す。葉柄基部に托葉がある。
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
モミジバフウ
2010年11月17日 紅葉した葉。 西谷
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
冬芽は赤褐色。
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
モミジバフウ モミジバフウ

2011年11月9日 街路樹 平成不ぞろいの細かい鋸歯がある。
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
主脈基部に毛がある。果実。枝に翼がある。
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ
モミジバフウ モミジバフウ モミジバフウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑