モミ(樅)

常緑高木
本州〜九州の海岸近くの丘陵からブナ帯上部のまで生育し、上部でウラジロモミと入れかわる。高さ25m、直径1mに達する。樹冠は円錐形。初期の成長は遅いが、のちに速くなる。樹皮は灰白色。平滑または浅く割れる。ところどころに横長のヤニ袋が見られる。若い枝には短毛がある。葉は長さ2〜3cmの線形で、先端はわずかに凹む。上部の枝や光が十分当たる枝では螺旋状につく。若木やあまり日の当たらない枝では2列に並んでつき、葉の先端が2裂して、針状に鋭く尖る。葉枕は発達しない。雌雄同株。雄花は黄緑色。果実は球果。長さ6〜10cm, 直径約3cmの円柱形。くすんだ緑色で、苞鱗が長く突き出て、らせん状に並ぶ。同一個体でも、右回り、左回りの両方が見られる。種鱗は長さ約2.5cm、種子は長さ5〜10mm、種子本体より長い翼がある。開花した年の10月頃に熟すと、種鱗は中軸からがずれて飛散する。3年に1度くらい開花結実する。花期は5月頃。
冬芽の葉芽は卵形で先はとがる。(樹に咲く花)
学名は、Abies firma
マツ科モミ属


2011年8月14日 落下した果実 山代長さ約10cm。
モミ モミ モミ
種鱗の間に2個の種子がつく。種子には長い翼がある。
モミ モミ モミ



2014年3月24日 落下した種子 上大野種子には長い翼がある。種子は長さ約9mm。
モミ種子 モミ種子 モミ種子
種子の裏面。種鱗は長さ約2cm。
モミ種子 モミ種鱗 モミ
モミ モミ樹皮 モミ
2008年3月2日 冬芽(葉芽) 玉湯葉の付け根が吸盤状になる。葉の先が2裂する。
モミ モミ モミ
葉裏の気孔帯は目立たない。雄花は前年枝の葉腋につく。
モミ モミ モミ
モミ モミ モミ
2009年11月8日 宍道
モミ モミ モミ
モミ モミ モミ
平成16年12月30日 田和山
モミ モミ
平成16年3月21日 玉湯葉の比較
モミ 葉の比較


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑