ミズユキノシタ(水雪の下)

多年草
本州〜九州の湖沼やため池、河川、水路、湿原などの水中や湿地に生育する沈水〜湿生植物。茎は分枝しながら地上をはい、上部は斜上する。葉は互生、短い葉柄があり、葉身は広卵形で長さ1〜3cm、幅0.7〜2cm、しばしば赤みがかかる(特に沈水葉)。葉腋に目立たない直径4〜7mmの花をつける。花被は淡黄緑色をした三角形の萼裂片4個〜なり、花弁はない。雄しべ4個、花柱は1個。水中では閉鎖花をつける。果実は楕円状球形で長さ3〜5mm、萼片が先端に残る。 花期は6〜10月。(日本の水草)
学名は、Ludwigia ovalis
アカバナ科チョウジタデ属


2014年9月2日 東忌部花弁はなく、萼が4裂する。萼片は長さ約2mm、直径約6mm。
ミズユキノシタ花 ミズユキノシタ花 ミズユキノシタ花
若い果実。果実には萼片が宿存する。果実は萼片を除いて長さ約5mm。
ミズユキノシタ果実 ミズユキノシタ果実 ミズユキノシタ果実
果実の縦断面。果実の横断面、4室ある。
ミズユキノシタ果実 ミズユキノシタ果実 ミズユキノシタ果実
種子は0.7〜0.9mm。種子の片側に海綿状の付属体がつく。
ミズユキノシタ種子 ミズユキノシタ種子 ミズユキノシタ種子
表面に横長の網目模様がある。葉は葉柄を含めて長さ約2.5cm。
ミズユキノシタ種子 ミズユキノシタ葉 ミズユキノシタ葉
ミズユキノシタ葉
2007年8月10日 東忌部若い果実。
ミズユキノシタ花 ミズユキノシタ花 ミズユキノシタ果実
葉の裏面。
ミズユキノシタ果実 ミズユキノシタ葉 ミズユキノシタ葉裏面
ミズユキノシタ ミズユキノシタ



2009年9月5日 玉湯
ミズユキノシタ ミズユキノシタ
2006年7月9日 東忌部
ミズユキノシタ ミズユキノシタ ミズユキノシタ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑