ヒメミズワラビ(姫水蕨)

1年生シダ植物
福島県以南〜沖縄(稀)の池沼、水田、水路などに生育する抽水〜湿生植物。秋の稲刈り後の水田に見られる草長が数cmの小形のものから40cm近くなる大形のものまでサイズと形態の変異が著しい。栄養葉(裸葉)は軟らかい草質で2〜4回羽状に分かれたうえにさらに細裂する場合も見られる。葉柄が葉身の1/3〜3/4とミズワラビに比べて相対的に短い。羽片の分岐点にときどき無性芽を生じるのはミズワラビと同様。胞子葉(実葉)は長さ5〜40cm、細裂は1〜3回。秋には裏面に胞子を形成して褐色になる。(日本の水草)
学名は、Ceratopteris gaudichaudii var. vulgaris
イノモトソウ科ミズワラビ属
 従来のミズワラビが2つに分けられ、ミズワラビ(北方型)がCeratopteris gaudichaudiiの新変種ヒメミズワラビ( var. vulgaris)とされた。ミズワラビ(南方型Ceratopteris thalictroides)は沖縄に生育する。


2008年10月4日 西川津胞子葉は棒状で、裏側に反り返っている。栄養葉は幅が広い。
ヒメミズワラビ ヒメミズワラビ ヒメミズワラビ
ヒメミズワラビ



2005年9月10日 佐草胞子葉は棒状になる。
ヒメミズワラビ ヒメミズワラビ ヒメミズワラビ
栄養葉は幅が広い。
ヒメミズワラビ
2004年8月28日 乃白
ヒメミズワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑