ミズタマソウ(水玉草)

多年草
北海道〜九州の山野の木陰などに生える。高さ20〜60cm。茎には下向きの毛が生え、節は赤褐色を帯びることが多い。葉は対生し、長さ5〜13cm、幅1.5〜4cmの長卵形〜卵状長楕円形で先端はとがり、ふちには浅い鋸歯がある。茎の先や上部の葉腋から花序をだし、白色または淡紅色の小さな花をつける。花弁は2個で2裂する。堅果は直径3〜4mmの広倒卵形で、カギ状に曲がった毛が密生する。花期は8〜9月。(野に咲く花)
茎や葉は通常細毛がある。花序の軸は無毛またはやや腺毛がまばらに生える。果実は広倒卵形で幅3〜4mm、溝があり、かぎ状の毛がある。2室で2種子がある。(原色日本植物図鑑)
学名は、Circaea mollis
アカバナ科ミズタマソウ属
似た花にウシタキソウ(Circaea cordata)がある。葉はハート型で細毛があり、節部は紅紫色にならない。


2013年8月6日 東出雲細い萼筒の下に子房がある。花弁は長さ約2mm。
ミズタマソウ花 ミズタマソウ花序 ミズタマソウ花
花柄や花序軸に腺毛が多い。
ミズタマソウ花柄 ミズタマソウ花序 ミズタマソウ葉
葉身は長さ約13cm、基部は円形〜くさび形。葉脈は裏面に突出する。葉は対生するが、ずれるもの(上)がある。
ミズタマソウ葉 ミズタマソウ葉裏面 ミズタマソウ
ミズタマソウ ミズタマソウ



2012年9月2日 東長江花弁は2個で、2裂する。果実には白いかぎ状の毛が密生する
ミズタマソウ花 ミズタマソウ花 ミズタマソウ果実
果実には4個の溝ができる。果実は直径約5mm。
ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実
ミズタマソウ ミズタマソウ ミズタマソウ
2011年8月3日 東長江花弁は2個で、先が2裂する。
ミズタマソウ花 ミズタマソウ花 ミズタマソウ花序
ミズタマソウ花序 ミズタマソウ花序 ミズタマソウ葉
ミズタマソウ葉 ミズタマソウ葉 ミズタマソウ葉裏面
茎に細毛がある。
ミズタマソウ茎 ミズタマソウ
2008年8月2日 八雲花弁は2個で、先が2裂する。花柄や花序軸に腺毛が多い。
ミズタマソウ花 ミズタマソウ花 ミズタマソウ花
ミズタマソウ花序 ミズタマソウ
2013年9月16日 果実 八雲果実には溝がある。果実は長さ約3mm。
ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実
果実の横断面、中央に2個の種子がある。果実の横断面、1個の種子が未成熟。2個の種子。
ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実
種子は長さ2〜2.5mm。
ミズタマソウ種子 ミズタマソウ
2013年8月17日 若い果実 八雲果実は直径約2.5mm。
ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実
下部の形。周囲にカギ状の毛がある。果実の横断面、中心に2個の種子がある。
ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実 ミズタマソウ果実
未熟な種子、長さ約2mm。
ミズタマソウ種子 ミズタマソウ ミズタマソウ茎
茎に細かな下向きの毛がある。
ミズタマソウ茎 ミズタマソウ ミズタマソウ
2015年6月13日 若い株 八雲葉身は長さ約11cm。
ミズタマソウ ミズタマソウ ミズタマソウ
節は赤褐色を帯び、茎や葉柄に微毛がある。
ミズタマソウ ミズタマソウ ミズタマソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。