ミズスギ(水杉)

つる性常緑シダ植物
伊豆半島〜九州の日当りのよい水田や山麓の斜面に生える。匍匐する茎は長くはい、ところどころで直立した茎を出す。直立茎は分枝して樹木状になる。小枝の葉は線状披針形で全縁。胞子嚢穂は小枝の先に1〜2個頂生し、卵形で長さ3〜10mmで下向きにつく。
学名は、Lycopodium cernuum
ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属


2011年10月26日 玉湯匍匐枝は湾曲し、着地部に根を出す。
ミズスギ ミズスギ ミズスギ
ミズスギ



2010年4月29日 玉湯
ミズスギ ミズスギ ミズスギ
方眼は5mm
ミズスギ ミズスギ
2008年8月9日 東忌部
ミズスギ ミズスギ
2007年8月10日 東忌部
ミズスギ ミズスギ ミズスギ
2009年12月27日 玉湯
ミズスギ ミズスギ ミズスギ
ミズスギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑