ミズオオバコ(水大葉子)

1年草
北海道〜沖縄の湖沼や溜池、水路、水田などに生える沈水植物。水深によってサイズと葉形は大きく変化し、水田で見かける小形の植物体と、溜池などで成長した大形の植物体は、同種とは思えないほどである。茎は短く葉は根生。葉は有柄、葉身は披針形〜広卵形〜円心形、質薄く長さ3〜35cm、幅1〜18cm、葉縁に鋸歯があり、ときに葉柄にも突起がある。花茎は長さ5〜50cm、花弁は白〜薄い桃色で3枚。3〜12本の雄しべ、3〜9本の雌しべがそろった両性花である場合がほとんどだが、九州の一部の地域から単性花(雄花)をつける株が確認されている。両性花は自家受粉で結実する。果実は長さ2〜5cm、顕著なひだがある。長楕円形で長さ約2mmの多数の種子が詰まる。花期は8〜10月。(日本の水草)
学名は、Ottelia alismoides
トチカガミ科ミズオオバコ属


2012年8月8日 八雲
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
ミズオオバコ



2011年11月12日 鹿島花の下に翼のある筒状の苞鞘がある。果実。
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
ミズオオバコ
2010年10月20日 東出雲
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
ミズオオバコ
2007年8月10日 東忌部2005年9月18日 東忌部
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
2004年8月10日 乃白2006年10月28日 東忌部2004年7月19日 乃白
ミズオオバコ ミズオオバコ ミズオオバコ
2004年7月11日 乃白
ミズオオバコ ミズオオバコ
2014年10月28日 果実 玉湯約15cmの長い花茎がある。
ミズオオバコ果実 ミズオオバコ果実 ミズオオバコ果実
果実の上部に萼が残る。波状の翼のある苞鞘に包まれた果実。苞鞘を除いた果実、長さ約2.5cm。
ミズオオバコ果実 ミズオオバコ果実 ミズオオバコ果実
果実の断面、種子が縦に多数詰まっている。種子は長さ約1.5mm。種子には長毛がある。
ミズオオバコ果実 ミズオオバコ種子 ミズオオバコ種子
ミズオオバコ果実 ミズオオバコ ミズオオバコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑