ミズハコベ(水繁縷)

1年草または多年草
北海道〜沖縄の湖沼やため池、河川、水路、水田などに生育する沈水〜浮葉〜湿生植物。湧水域と冬も水のある湿田には特に多い。茎は盛んに分枝して伸び、水中で明るい緑白色のパッチをなす。葉は対生で葉柄はない。葉形は顕著な変異を示すが、少なくとも茎の下部の沈水葉は線形で長さ7〜20mm、幅0.5〜1.5mm、1脈で先端は凹形。茎の上部の葉ほど幅が広くなり、浮葉はへら形〜卵状楕円形で長さ6〜15mm、幅3〜6mm、3(〜5)脈。雌雄同株で葉腋に雄花と雌花が各1〜2個並んでつく。雄花は1個の雄しべ、雌花は1個の雌しべからなる。水面上の花は風媒、水中では水媒のほか、花粉管が組織内を雌花に向かって伸びる内性隣花受粉も知られる。果実は4分果からなり偏平、倒卵状楕円形で軍配のような形をしている。本種をミズハコベ、ナンゴクミズハコベ、マンシュウミズハコベの3変種に細分する見解がある。花期は通年。(日本の水草)
学名は、Callitriche palustris
オオバコ科アワゴケ属
参考 中国植物誌
よく似たものに帰化植物のイケノミズハコベ(Callitriche stagnalis)がある。やや大型で3〜5本の葉脈があり、水面の葉と水中葉とが同形。果実は長さ幅とも約1.8mmの円形。


2013年8月26日 大井上部葉腋に黄色い葯の雄しべが見える。長い雄しべの雄花、基部に雌花がある。
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ花
水中で葉腋につく雌花。子房の長さ約0.5mm。茎を除いてある。雌花の脇に雄しべがある。長い花柱を伸ばす雌花。
ミズハコベ花 ミズハコベ花 ミズハコベ花
若い果実。果実の周囲に狭い翼がある。
ミズハコベ果実 ミズハコベ果実 ミズハコベ果実
果実は長さ約1.1mm。果実の側面、厚さ約0.5mm。水中葉は線形。
ミズハコベ果実 ミズハコベ果実 ミズハコベ葉
線形の水中葉をつけた幼い株。浮葉はさじ形、長さ8mm。
ミズハコベ葉 ミズハコベ葉 ミズハコベ葉
水中の線形の葉は長さ約6mm、幅約1.5mm。
ミズハコベ葉 ミズハコベ
2013年8月21日 大井
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ花
雌花には花柱が2個ある。雌花の脇に雄しべ1本の雄花がある。花は2枚の苞に包まれる。
ミズハコベ花 ミズハコベ花 ミズハコベ花
若い果実。周囲に翼がある。果実は長さ約1.1mm。
ミズハコベ花 ミズハコベ果実 ミズハコベ果実
果実(乾燥品)、中央に溝がある。果実の側面、2枚が重なっている。果実を分けてみる。
ミズハコベ果実 ミズハコベ果実 ミズハコベ果実
果実は4個に分かれる。果実の表面に網目模様がある。
ミズハコベ果実 ミズハコベ果実 ミズハコベ果実
茎など全体に無毛。
ミズハコベ茎 ミズハコベ ミズハコベ
葉は長さ4〜6mm。
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ



2012年8月16日 大井果実は軍配形。
ミズハコベ ミズハコベ果実 ミズハコベ
葯をつけた雄しべと雌しべの花柱が見える。
ミズハコベ花 ミズハコベ ミズハコベ

2012年7月18日 大井雌しべの花柱が伸びている。
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ
果実は軍配形。葉腋に果実が1個ずつつく。(乾燥標本)果実は長さ約1mm。
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ
葉は長さ約1cm、3脈がある。葉腋に果実が見える。
ミズハコベ ミズハコベ ミズハコベ
ミズハコベ ミズハコベ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑