ミゾハコベ(溝繁縷)

1年草
北海道〜沖縄の河川や水路の水辺、水田などに生育する沈水〜湿生植物。特に水田に多い。茎は地面を這いながら分枝して四方に広がり、長さ2〜10cm、完全な沈水形では30cmに達する場合もある。葉は対生で広披針形〜狭卵形、鈍頭鋸歯はない。気中葉は長さ4〜12mm、幅1.5〜3mm、沈水葉は長さ25mm、幅4mmと大きくなる。沈水葉が緑白色で質が薄いのに対し、気中葉は厚みと光沢がある。花は葉腋に1個つき、長さ1〜2.5mmの短い花柄がある。直径1mmで目立たない。花弁は紅紫色で3枚、雄しべ3本、雌しべは1個で柱頭は3裂。水中では閉鎖花となる。果実は球形。中に鈍頭でやや湾曲した円柱形の多数の種子がある。花期は6〜10月。(日本の水草)
学名は、Elatine triandra var. pedicellata
ミゾハコベ科ミゾハコベ属
ミゾハコベは花・果実が有柄で、無柄のものはイヌミゾハコベと区別されることもある。


2013年10月1日 八雲花は花弁が3個。
ミゾハコベ花 ミゾハコベ花 ミゾハコベ花
花は直径約2mm。果実。
ミゾハコベ花 ミゾハコベ果実 ミゾハコベ果実
果実は直径約1.5mm。種子は湾曲した円柱形。種子は長さ約0.45mm。
ミゾハコベ果実 ミゾハコベ種子 ミゾハコベ種子
横長の網目模様が並ぶ。
ミゾハコベ種子 ミゾハコベ種子 ミゾハコベ
ミゾハコベ ミゾハコベ



2006年10月28日 佐草裏側から 花が有柄裏側 白い根が出ている。
ミゾハコベ花 ミゾハコベ花 ミゾハコベ
果実。
ミゾハコベ ミゾハコベ
2006年11月25日 佐草
ミゾハコベ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑