ミヤマヨメナ(深山嫁菜)

多年草
本州〜九州の山地の渓谷沿いや落葉樹林下に群生する。栽培されるミヤコワスレの原種。茎は叢生し、高さ15〜55cm。根生葉は花の頃も残り、翼のある長い柄がある。茎葉は互生し、柄がなく、長さ3.5〜6cmの長楕円形で両面に毛があり、大きな鋸歯がある。枝の先に直径3〜4cmの頭花を1個つける。舌状花は青紫〜白色で、管状花は黄色。そう果に冠毛がない。花期は5〜6月。(広島の山野草)
学名は、Aster savatieri
キク科シオン属


2014年5月1日 乃白花は直径約4cm。
ミヤマヨメナ花 ミヤマヨメナ花 ミヤマヨメナ花
筒状花(上)と舌状花(下)。冠毛はない。上部の葉は無柄。
ミヤマヨメナ筒状花舌状花 ミヤマヨメナ葉 ミヤマヨメナ葉
根生葉は長い柄がある。
ミヤマヨメナ茎 ミヤマヨメナ葉 ミヤマヨメナ葉裏面
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ



2006年4月30日 乃白上部の葉は無柄となる。
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ
下部の葉は翼のある長柄がある。
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ
ミヤマヨメナ
2005年5月3日 乃白
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ
2007年2月12日 幼葉 乃白
ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ ミヤマヨメナ
ミヤマヨメナ
2006年5月14日 ミヤコワスレ 植栽 浜乃木
ミヤコワスレ ミヤコワスレ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑