ミヤマナルコユリ(深山鳴子百合)

多年草
北海道〜九州の山の木陰に生える。地下茎は横にはい、節間は短い。茎は下部は立つが中部以上は斜上し、無毛、長さ30〜70cm。葉は卵形または長楕円形、鈍端、基部は短柄があり、長さ6〜11cm、両面無毛。花柄は斜上し、基部は短く茎と合生し、花の重さで弓状にゆるく曲がる。花は長さ17〜21mm、基部0.5mmほどが短柄となる。先は6浅裂し、裂片はそり返らず、先に小突起がある。内面は短毛がある。雄ずいは6、花糸は長軟毛があり中部まで花被に合生する。花柱は無毛、先は分裂しない。漿果は球形、藍黒色、径8〜12mm。花期は5〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Polygonatum lasianthum
キジカクシ科アマドコロ属
アマドコロ属の花は6個の花被片が先端部を残して筒状に合着している。


2011年6月4日 大海崎花柄が葉の裏面に沿って湾曲する。
ミヤマナルコユリ花 ミヤマナルコユリ葉 ミヤマナルコユリ花序
花は長さ約2cm、筒状で先端のみ6浅裂する。
ミヤマナルコユリ葉 ミヤマナルコユリ花序 ミヤマナルコユリ花
雄しべの花糸に毛がある。茎に多数の稜がある。
ミヤマナルコユリ雄しべ ミヤマナルコユリ茎 ミヤマナルコユリ



2010年5月30日 枕木山
ミヤマナルコユリ花 ミヤマナルコユリ花 ミヤマナルコユリ花
花は筒状で先端が6浅裂する。
ミヤマナルコユリ花 ミヤマナルコユリ葉 ミヤマナルコユリ葉裏面
ミヤマナルコユリ ミヤマナルコユリ
2005年5月21日 蕾 玉湯
ミヤマナルコユリ蕾 ミヤマナルコユリ ミヤマナルコユリ
ミヤマナルコユリ
2012年11月3日 果実 宍道
ミヤマナルコユリ果実 ミヤマナルコユリ果序 ミヤマナルコユリ果実
果実は直径約1.2mm。種子は長さ約5mm。
ミヤマナルコユリ果実 ミヤマナルコユリ果実 ミヤマナルコユリ種子
ミヤマナルコユリ
2010年11月13日 果実 宍道
ミヤマナルコユリ果実 ミヤマナルコユリ果序 ミヤマナルコユリ果序
ミヤマナルコユリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑