ミヤマカンスゲ(深山寒菅)

常緑多年草
北海道〜九州の丘陵や山地のシイ・カシ帯〜ブナ帯の樹林内に生える。根茎はやや伸長するが、叢生し、顕著な匐枝は出さない。日本海側の多雪地では伸長した根茎が数年分残り、放射状に株が繋がっていることがあり、これが匐枝と誤解されることがある。基部の鞘はやや長く伸び、光沢のある紫褐色。葉はやや柔らかく平滑、幅5〜10mm、常緑であるが、果期には新しいシュートが目立ち、前年葉は枯れ始める。前年の葉の中央には無花茎がつき有花茎はすべて腋生する。有花茎は高さ20〜50cm。雄小穂は線形、長さ2〜4cm。雌小穂は2〜4個、まばらに果胞をつけ、長さ1.5〜3cm、幅2mm。雄鱗片や雌鱗片は褐色を帯びるが、色の濃淡には変異がある。果胞は長さ2.5〜4.5mm、短毛があり、先は嘴となるが、嘴の長短には大きな変異があり、口部は凹形。柱頭は3岐。果期は4〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex multifolia
カヤツリグサ科スゲ属ヌカスゲ節


2014年5月17日 宍道
ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序
雄小穂は長さ約2cm。
ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序
雌小穂は長さ約1.3cm。雌鱗片は果胞よりやや短い。
ミヤマカンスゲ雌小穂 ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞
果胞の口部は凹形。雌鱗片は長さ約2mm。
ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞
未熟な果胞は長さ約2.5mm。果胞は有毛。未熟な果実、長さ1.5mm、付属体がつく。
ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞
葉は幅約8mm。葉の裏面。花茎は長さ約30cm。
ミヤマカンスゲ葉 ミヤマカンスゲ葉裏面 ミヤマカンスゲ
ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ



2014年5月1日 玉湯
ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ雌小穂
雄小穂は長さ約3cm。雌小穂には長い柄がある。
ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ花序 ミヤマカンスゲ雌小穂
雌小穂は長さ約2.5cm。
ミヤマカンスゲ雌小穂 ミヤマカンスゲ雌小穂 ミヤマカンスゲ
鱗片は果胞より短い。鱗片は長さ約2.5mm、短い芒がある。
ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ果胞鱗片 ミヤマカンスゲ鱗片
果胞は長さ約3.5mm。果胞は有毛。果胞の口部は小さく凹む。
ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞 ミヤマカンスゲ果胞
果実は長さ約2mm、頂部に環状の付属体がある。
ミヤマカンスゲ果実 ミヤマカンスゲ果実 ミヤマカンスゲ
葉の幅は約9mm。
ミヤマカンスゲ葉 ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ
2010年5月8日 八雲雌燐片は褐色を帯びる。
ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ
柱頭は3岐。果胞は短毛がある。新葉。
ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ

葉は丸みのあるM字形。
ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ ミヤマカンスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑