ミヤマフユイチゴ(深山冬苺)

つる性常緑小低木
関東地方以西〜九州の山地の林下などにに生える。茎や枝は無毛または軟毛が散生し、細かい下向きの刺がある。葉は互生。葉身は長さ5〜8cmの卵形または広卵形で、浅く3〜5裂する。先端はとがり、ふちには歯牙状の細かい鋸歯がある。鋸歯の先端は小さな芒になる。葉柄は長さ3〜7cm、軟毛が少し生え、小さな刺がまばらにある。托葉は長さ5〜9mm。熊手のように深く裂け、落ちやすい。枝先や葉腋に白い花が数個集まって咲く。花弁は長さ5〜6mmの倒卵形で、萼片より短い。萼の外面はほとんど無毛で、内側とふちに白い毛がある。花序の軸と花柄には短毛が生える。果実は集合果。直径8〜9mmの球形で、11月〜1月に赤く熟し、食べられる。花期は9〜10月。(樹に咲く花)
よく似たフユイチゴは葉の先が丸く、葉の裏や萼に毛が多い。
学名は、Rubus hakonensisi
バラ科キイチゴ属


2008年8月2日 八雲
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ
ミヤマフユイチゴ



2006年11月3日 萼には毛が少ない。 八雲葉先は尖る。
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ
葉柄の刺茎の刺
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ
2005年11月20日 忌部高原
葉 裏面
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ
葉柄の刺
ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ ミヤマフユイチゴ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑