ミヤコヤブソテツ(都藪蘇鉄)

常緑性シダ植物
葉柄基部に長楕円状披針形、褐色〜黒褐色の鱗片がつき、葉柄上部、中軸などの鱗片は次第に小さく線形となる。葉は単羽状複葉、光沢のすくない黄緑色。側羽片は長楕円形のやや鎌状で10〜20対、基部は円形〜切形で耳片がはっきりすることが多い。辺縁は波状縁で短柄がつき、先端は尾状にのびて辺縁には鋸歯がある。ソーラスは円形で羽片全面に散在し、包膜は灰白色で中心部は黒色。
学名は、Cyrtomium fortunei var.intermedium
オシダ科ヤブソテツ属


以下は羽片先端に鋸歯があり、包膜が灰色一色ではないので、ミヤコヤブソテツとしているが、全く不確かである。
2008年5月4日 玉湯縁に細かな鋸歯がある。
ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ
包膜は一色ではない。
ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ



2008年4月27日 東忌部縁は全縁のようだ。
ナガバヤブソテツ ナガバヤブソテツ ミヤコヤブソテツ
羽片先端には鋸歯がある。
ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ
ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ ミヤコヤブソテツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑