ミツマタ(三叉・三椏)

落葉低木
中国〜ヒマラヤ原産。林内に野生化したものも多い。高さ2mほどになる。よく分枝して、半球形の樹形をつくる。樹皮は灰色で縦の筋がある。本年枝は必ず三つ又になってでる。黄褐色ではじめ伏毛がある。葉は互生。葉身は長さ5〜20cm、幅2〜5cmの長楕円形または披針形。先は鋭形、基部は長いくさび形。ふちは全縁。両面に絹毛があり、とくに裏面に多い。葉柄は長さ5〜10mm。葉の展開前に開花する。枝先の頭状花序に小さな花が30〜50個つく。花は両性で、花弁はなく、萼が目立つ。萼筒は長さ8〜15mm、先は4裂する。萼片の内面は鮮黄色、外面には絹毛が密生する。雄しべは8個で、4個が萼筒の口部から見える。果実は核果。6〜7月に熟し、緑色で有毛。萼筒が宿存して周りを包む。種子のように見えるのは堅い内果皮に包まれた核。核は紡錘形で長さ4〜5mm。中に種子が1個ある。花期は3〜4月。
 冬芽は裸芽で、銀白色の絹毛におおわれている。花芽は大きく、長い柄がある。はじめ総苞があるが、冬のうちに落ちてしまう。葉痕は円形または半円形、つきでて上を向く。維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Edgeworthia chrysantha
ジンチョウゲ科ミツマタ属


2015年3月17日 鹿島花弁はなく長さ約1.3cm、萼裂片が黄色。長い雄しべ4本が見える。
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ花
萼筒内部に短い雄しべ4本と雌しべがある。枝は3叉する。
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ
ミツマタ樹皮 ミツマタ
2014年3月17日 鹿島萼筒には白毛が密生する。
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ花
花序は直径約3.5cm。花は花弁はなく、長さ約1.5cm。
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ花
花は直径約8mm。花の縦断面、基部に子房がある(上)。雌しべの基部に子房がある。
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ花
雌しべ、子房合わせて長さ約1cm。子房の上部に毛がある。雌しべの柱頭に毛がある。
ミツマタ雌しべ ミツマタ子房 ミツマタ柱頭
冬芽は披針形。葉痕は半円形、維管束痕は1個。
ミツマタ冬芽 ミツマタ葉痕 ミツマタ葉痕
ミツマタ枝 ミツマタ ミツマタ
ミツマタ



2009年3月8日 鹿島
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ
2005年4月2日 八雲
ミツマタ花 ミツマタ花 ミツマタ
枝は3叉する。
ミツマタ枝 ミツマタ
2003年11月6日 蕾 平田市枝が三つ又になってでる。
ミツマタ蕾 ミツマタ葉 ミツマタ
2012年6月11日 果実 八雲果実には萼筒が宿存する。果実は長さ約1cm。
ミツマタ果実 ミツマタ果実 ミツマタ果実
果実には毛がある。果実の中に1個の核がある。核は紡錘形で、長さ約5mm。
ミツマタ核 ミツマタ核 ミツマタ
ミツマタ ミツマタ ミツマタ
2008年4月27日 果実 東忌部果実は萼筒に包まれている。
ミツマタ果実 ミツマタ果実 ミツマタ新芽
2007年7月28日 幼木 八雲
ミツマタ葉 ミツマタ葉裏面 ミツマタ枝
ミツマタ ミツマタ
2010年4月25日 芽吹き 東忌部
ミツマタ芽吹き ミツマタ芽吹き ミツマタ
2008年3月8日 冬芽 八雲
ミツマタ冬芽 ミツマタ葉痕
2006年3月5日 冬芽 八雲
ミツマタ冬芽 ミツマタ葉痕


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑

他の画像を見る。