ミツデウラボシ(三出裏星)

常緑性シダ植物
北海道〜九州の低山地の乾いた崖や石垣に生える。葉柄は長く、下部で暗褐色、基部に披針形の淡褐色の鱗片がつく。葉は披針形〜三角状卵形の単葉〜単葉3裂葉。光沢のない黄緑色〜緑色の紙質で、葉裏は白っぽく、主側脈が目立つ。ソーラスは円形で、中肋と辺縁の中間に並んでつく。
学名は、Crypsinus hastatus
ウラボシ科ミツデウラボシ属


2014年2月16日 玉湯裂片が細い。葉身は長さ約18cm。
ミツデウラボシ ミツデウラボシ ミツデウラボシ
ソーラス(胞子嚢群)は円形。小さな株。
ミツデウラボシ ミツデウラボシ胞子嚢群 ミツデウラボシ
ミツデウラボシ



2011年2月5日 3裂葉。 玉湯
ミツデウラボシ ミツデウラボシ ミツデウラボシ
2010年1月17日 3裂葉。 玉湯
ミツデウラボシ ミツデウラボシ ミツデウラボシ
ミツデウラボシ
2009年6月14日 3裂は見当たらないが、2裂したものがある。 玉湯
ミツデウラボシ ミツデウラボシ ミツデウラボシ
葉柄は細く長い。
ミツデウラボシ ミツデウラボシ
2008年8月24日 小さい個体のためか不明であるが、葉脈・ソーラスの様子から判断した。 宍道
ミツデウラボシ ミツデウラボシ ミツデウラボシ
ミツデウラボシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑