ミツバツチグリ(三葉土栗)

多年草
北海道〜九州の日当たりのよい丘陵地に多い。地下茎は短く肥厚し、花後地上に走出枝を出す。葉は3小葉からなり、小葉は長さ1.5〜5cm、幅7〜30mm、表面は光沢なく、側脈は下面に突出して表面は凹入する。苞葉の托葉は扇形に先が広がる。花は直径約10〜15mm。花床には少し毛があり、そう果は無毛で長さ約1mm、小じわがある。副萼は萼よりやや小さい。花期は4〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Potentilla freyniana
バラ科キジムシロ属


2014年5月1日 玉湯長い走出枝をだす。
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ
2014年4月26日 宍道雄しべ雌しべとも多数ある。花弁の先端は凹む。
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花
花は直径約2cm。副萼片は細く短い。
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花
花弁が落ちた後の様子。花は集散状に10数個の花をつける。茎につく葉は細い。
ミツバツチグリ花後 ミツバツチグリ花序 ミツバツチグリ茎葉
根生葉は長い柄がある。葉柄は長さ約7cm。頂小葉は長さ約3cm。
ミツバツチグリ根生葉 ミツバツチグリ根生葉 ミツバツチグリ葉
葉の裏面は紫色を帯びる。
ミツバツチグリ葉 ミツバツチグリ葉裏面 ミツバツチグリ葉裏面
ミツバツチグリ花序 ミツバツチグリ花序 ミツバツチグリ



2006年4月30日 玉湯
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ花


走出枝を伸ばす。
ミツバツチグリ葉 ミツバツチグリ葉 ミツバツチグリ走出枝
ミツバツチグリ
2005年4月17日 朝酌
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ葉 ミツバツチグリ
2004年4月25日 八雲
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ葉 ミツバツチグリ
2004年5月2日 佐草
ミツバツチグリ花 ミツバツチグリ
2014年5月25日 果実 西忌部熟しても萼は平開しない。完熟すると淡褐色になる。
ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実
ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実
集合果は直径約4mm。果床には毛がある。
ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実
果実は長さ約1mm。表面にしわがあり、腹面に付属体(エライオソーム)がつく。
ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実 ミツバツチグリ果実
果床には毛がある。
ミツバツチグリ果床 ミツバツチグリ果床 ミツバツチグリ果序
ミツバツチグリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑