ミドリヒメワラビ(緑姫蕨)

夏緑性シダ植物
東北地方以南〜九州の山地の山麓の斜面などに生える。葉柄はわら色、下部で暗褐色、基部に披針形、褐色の鱗片がつく。葉は2回羽状複葉。羽片は有柄、小羽片の基部に柄がつき、羽軸に狭い翼がある。葉柄から葉面に毛が殆ど生えない。ソーラスは中肋と辺縁の中間につき、包膜は小さい円腎形。
学名は、Thelypteris viridifrons
ヒメシダ科ヒメシダ属


2008年7月13日 八雲
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ
小羽片は有柄、羽軸に狭い翼がある。
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ



2008年8月2日 八雲
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ
羽軸に翼がある。
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ
ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ ミドリヒメワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑