ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)

常緑多年草
南アメリカ原産。園芸植物のシロフハカタカラクサ(Tradescantia fluminensis 'Viridis')の斑が消えたもので、本州、四国、九州に帰化し、近年著しく分布を拡大している。茎は匍匐または斜上し、水分に富み、節から根を出す。葉は柄がなく、基部は葉鞘となり、葉身は卵形楕円形、長さ3〜6cm、葉鞘口部に粗長毛があり、葉身の縁に微細な毛があり、葉の下面は緑色。萼は緑色で3個、背面に粗長毛がある。花弁は白色で3個が同形。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Tradescantia fluminensis 'Viridis'
ツユクサ科ムラサキツユクサ属
似た花
ノハカタカラクサ(トキワツユクサ T. fluminensis)は葉の下面や茎、花柄が紫色、結実する。
ミドリハカタカラクサ(T. fluminensis 'Viridis')は葉身の長さ3〜6cm、葉身の縁に微細な毛。葉の下面は緑色。萼背面に粗長毛。結実しない。
オオトキワツユクサ(T. albiflora)全体に大きく、茎も葉の表裏ともに緑色で、葉は長さ7〜12cm、萼背面の毛は長さ1mm近くあり、葉縁の毛も肉眼で容易に見える。結実しない。


2015年7月2日 鹿島雄しべ6個、雌しべ1個。萼に短毛があり、花柄は緑色。
ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花
花は直径約1.7cm。毛は長さが概ね0.5mm(〜1mm)。
ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ萼
果実は結実しない。
ミドリハカタカラクサ萼 ミドリハカタカラクサ ミドリハカタカラクサ葉
葉は長さ約6cm。葉の縁に微細な毛がある。長さ0.1〜0.2mm。
ミドリハカタカラクサ葉 ミドリハカタカラクサ葉 ミドリハカタカラクサ葉
葉の裏面は緑色。
ミドリハカタカラクサ葉裏面 ミドリハカタカラクサ



2014年8月2日 美保関雄しべ6個、雌しべ1個。
ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花
花は直径約1.2cm。萼の背面に毛がある。
ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ花 ミドリハカタカラクサ萼
葉は長さ約6cm。葉の縁に微毛がある。
ミドリハカタカラクサ葉 ミドリハカタカラクサ葉 ミドリハカタカラクサ葉
葉の裏面も緑色。
ミドリハカタカラクサ葉裏面 ミドリハカタカラクサ葉裏面 ミドリハカタカラクサ茎
ミドリハカタカラクサ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑