メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)

多年草
原産地不明。東京をはじめ、本州の関東地方以西〜九州の日当たりのよい道ばたなどに生える。茎は直立して高さ10〜17cmになる。葉は鮮緑色で光沢があり、長さ1.3〜2cmの線状楕円形、花茎の葉は互生し、花のつかない茎では4〜5個が輪生する。花は黄色で直径0.7〜1cm。花期は3〜5月。(野に咲く花)
学名は、Sedum mexicanum
ベンケイソウ科マンネングサ属


2013年5月15日 植裁 玉湯
メキシコマンネングサ花 メキシコマンネングサ花 メキシコマンネングサ花
メキシコマンネングサ花 メキシコマンネングサ葉 メキシコマンネングサ葉
メキシコマンネングサ



2012年6月18日 東忌部花茎は高く伸びる。
メキシコマンネングサ花 メキシコマンネングサ花 メキシコマンネングサ
花茎は分岐して花序が傘状に広がる。果実は星形。葉は普通4輪生する。
メキシコマンネングサ果実 メキシコマンネングサ果実 メキシコマンネングサ葉
メキシコマンネングサ
2013年6月22日 果実 玉湯果実は直径約5mm、熟すと裂開、種子を出す。
メキシコマンネングサ果実 メキシコマンネングサ果実 メキシコマンネングサ種子
種子は長さ約0.6〜0.8mm。種子の表面には小さな突起が並ぶ。
メキシコマンネングサ種子 メキシコマンネングサ種子 メキシコマンネングサ種子
2004年5月5日 蕾 東出雲
メキシコマンネングサ蕾 メキシコマンネングサ葉 メキシコマンネングサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑