マツカゼソウ(松風草)

多年草
宮城県以南〜九州の山地の林縁に生える。茎は高さ50〜80cmに達し、葉は3回3出羽状複葉で、軟かく、無毛、一種の香気がある。花は白色で集散花序を作り、萼は4個、長楕円形で長さ約1mm。花弁は4個、長楕円形で長さ3〜4mm。雄しべは7〜8本、長短があり花外につきでる。子房には柄があり、果実は柄の先に卵形の4分果に分かれて斜上する。種子は暗褐色、腎形で表面に粒状突起があり長さ約1.5mm。花期は8〜10月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Boenninghausenia japonica
ミカン科マツカゼソウ属


2016年9月15日 大東雄しべが落ちてしまっている。
マツカゼソウ花 マツカゼソウ花 マツカゼソウ花
若い果実。通常は4分果。分果が3個のものも多い。花は長さ約3mm、直径4mm。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ花
花弁の内側、腺点がある。花弁の外側。
マツカゼソウ花 マツカゼソウ花弁 マツカゼソウ花弁
花柱の基部に子房があり、長い柄がある。花柱は合着し、1個の柱頭に続く。子房には油点がある。
マツカゼソウ花柱 マツカゼソウ花柱 マツカゼソウ子房
子房の基部に花盤があり、蜜が溜まる。若い果実、4分果、3分果のもの。4分果の果実。
マツカゼソウ花盤 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実
3分果の果実。分果の背面(上)、腹面(下)。分果の背面。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実
分果の腹面、花柱が残っている。未熟な種子、6個あった。未熟な種子は、長さ0.3〜0.5mm。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ種子 マツカゼソウ種子
未熟な種子。未熟な種子。
マツカゼソウ種子 マツカゼソウ種子 マツカゼソウ葉
葉は3回3出複葉、葉柄を含めて長さ約12cm。葉の表面、油点があるが不明瞭。葉の同じ部分を、透過光で見た油点。
マツカゼソウ葉 マツカゼソウ葉 マツカゼソウ葉油点
葉の裏面は白色を帯びる。小葉は長さ1〜1.5cm、油点がある。油点の拡大。
マツカゼソウ葉裏面 マツカゼソウ葉裏面 マツカゼソウ油点
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ



2011年10月29日 大東
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
葉は3回3出複葉。
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
葉の表面に油点がある。葉の裏面は白色を帯びる。
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ
2011年9月18日 東忌部果実は4分果。
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ マツカゼソウ
2006年9月2日 八雲
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
2007年8月19日 北山
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
2006年8月19日 北山
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ マツカゼソウ
2016年10月22日 果実 大東果実は通常は4分果。3分果も多い。腹面に花柱の跡が残る。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実
果実は直径約5.5mm。乾燥して裂開した果実。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実
分果は長さ約4mm。乾燥して裂けている。果皮には油点がある。
マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実 マツカゼソウ果実
3個の種子があった。長さ約1.6mm。種子の表面には粒状の突起がある。
マツカゼソウ種子 マツカゼソウ種子 マツカゼソウ
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ
2007年10月13日 果実 八雲
マツカゼソウ マツカゼソウ マツカゼソウ
マツカゼソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑