マツバウンラン(松葉海蘭)

越年草
アメリカ原産。1941年に京都市で初めて採集された。現在では北関東、北陸地方以西に普通に見られるようになった。茎は細く、基部で分岐して高さ50cmほどになり、基部から走出枝を伸ばして分株をつくる。葉は線形で、初めはロゼット状に重なるが、後には互生する。直径1cmほどの紫色の仮面状花を穂状につける。花期春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Nuttallanthus canadensis
オオバコ科マツバウンラン属
よく似た花のオオマツバウンランは、距を除いた花冠の長さが10〜12mmあり、下唇の基部に白色の部分がなく、全体に紫色の筋が入る。


2014年4月23日 伊勢宮下唇の中央部が白く膨らむ。花の後部に距がある。
マツバウンラン花 マツバウンラン花 マツバウンラン距
花冠は長さ約8mm、距は長さ約3mm。花茎の葉は線形で互生する。
マツバウンラン花 マツバウンラン花 マツバウンラン茎葉
這う茎の葉は3輪生する。
マツバウンラン葉 マツバウンラン マツバウンラン



2009年4月19日 宍道
マツバウンラン花 マツバウンラン花 マツバウンラン花
茎の葉は細い線形。
マツバウンラン茎 マツバウンラン
2004年4月17日 浜乃木
マツバウンラン花 マツバウンラン花 マツバウンラン葉
2006年6月18日 下佐陀
マツバウンラン花
2013年6月16日 裂開した果実 浜乃木若い果実、直径約2mm。果実の横断面、2室に分かれている。
マツバウンラン果実 マツバウンラン果実 マツバウンラン果実
裂開した果実、2室ある。種子は長さ約0.5mm。種子は不定の角柱形。
マツバウンラン果実 マツバウンラン種子 マツバウンラン種子
種子は長さ0.45〜0.5mm。表面に網目模様がある。
マツバウンラン種子 マツバウンラン種子 マツバウンラン種子
マツバウンラン マツバウンラン マツバウンラン
2004年5月28日 果実 乃白
マツバウンラン果実 マツバウンラン果実 マツバウンラン果実
マツバウンラン葉 マツバウンラン葉
2011年4月13日 若葉 玉湯
マツバウンラン葉 マツバウンラン葉 マツバウンラン
2013年4月13日 若葉は3輪生する。 玉湯
マツバウンラン葉 マツバウンラン マツバウンラン
2007年3月10日 幼葉 浜乃木
マツバウンラン葉 マツバウンラン葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑