マツバスゲ(松葉菅)

多年草
本州〜九州の平地〜丘陵地の湿地に生える。根茎は短く叢生する。葉は幅1〜1.5mm。有花茎は高さ10〜40cm、平滑。小穂は1個を頂生し、長さ1〜2cm、上部の雄花部は雌花部と同長または少し長い。果胞は鱗片と同長またはやや短く、長さ1.5〜2mm、無毛、果胞はふくらみ、果実はゆるく包まれる。柱頭は3岐。果期は4〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex biwensis
カヤツリグサ科スゲ属ハリスゲ節
よく似た、ハリガネスゲは果胞が少数で小穂が長さ0.5〜1cmと短く、果胞が2.5〜3mmと大きい。


2014年5月1日 玉湯小穂の上部は雄花部。
マツバスゲ小穂 マツバスゲ小穂 マツバスゲ雄花部
小穂の下部は雌花部。小穂は長さ約1.5cm。
マツバスゲ雌花部 マツバスゲ小穂 マツバスゲ小穂
果胞は長さ約2mm、鱗片は少し短い。
マツバスゲ果胞 マツバスゲ果胞鱗片 マツバスゲ果胞鱗片
果胞は長さ約2mm、先端は短い嘴になる。鱗片は長さ約1.5mm。果胞の口部。
マツバスゲ果胞 マツバスゲ鱗片 マツバスゲ果胞
若い果実は長さ約1.5mm。
マツバスゲ果実 マツバスゲ マツバスゲ



2007年5月20日 佐草
マツバスゲ マツバスゲ
2007年5月3日 佐草
マツバスゲ マツバスゲ マツバスゲ
マツバスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑