マツバイ(松葉藺)

1年草
北海道〜九州の休耕田や湿地に普通に見られる。植物体は細長い匍匐根茎の節に叢生する。稈は細く、長さ3〜8cm、基部の鞘は赤みを帯びる。小穂は長卵形、長さ2〜4mm、数個の鱗片をまばらにつける。鱗片は広倒卵形、長さ1.5〜2mm、円頭、薄膜質、紅褐色を帯びる。そう果は長倒卵形、長さ約1mm、隆起する縦肋がある。柱基は扁三角錐形。刺針状花被片は3〜4個、そう果より長い。柱頭は3個。花期は6〜9月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Eleocharis acicularis var. longiseta
カヤツリグサ科ハリイ属


2013年10月1日 八雲小穂は長さ1.5〜2mm。小穂は長さ約2mm。
マツバイ マツバイ マツバイ
鱗片、長さ約1.5mm。未熟な果実、柱頭は3岐する。刺針状花被片に下向きの刺がある。
マツバイ マツバイ マツバイ
茎は高さ約3cm。地下匐枝で繋がっている。
マツバイ マツバイ マツバイ
基部の鞘が赤味を帯びる。
マツバイ マツバイ



2010年11月11日 八雲
マツバイ マツバイ マツバイ
マツバイ マツバイ マツバイ
マツバイ マツバイ
2015年10月29日 果実 八雲花茎の高さは約1.5cm。
マツバイ マツバイ マツバイ
小穂は長さ1.5〜2mm。小穂には数個の鱗片がある。鱗片は長さ約1.5mm。
マツバイ小穂 マツバイ小穂 マツバイ鱗片
果実は長さ約0.8mm、横長の格子模様がある。刺針状花被片は果実の1.5〜2倍長、下向きの小刺がある。柱基は三角錐形。
マツバイ果実 マツバイ果実 マツバイ果実
柱頭は3岐する。
マツバイ柱頭 マツバイ マツバイ
マツバイ
2007年1月21日 佐草地下茎によって繋がっている。
マツバイ マツバイ マツバイ
マツバイ
2006年11月25日 佐草
マツバイ マツバイ マツバイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑