マスクサ(升草)

多年草
本州〜九州の平地〜低山地の樹林内や草地、路傍などに生える。根茎は短く叢生する。葉は幅2〜5mm。有花茎は高さ30〜60cm、鈍稜があって平滑。花序は5〜8個の無柄の小穂を間隔を開けてつけ、苞は葉状で花序より著しく長い。小穂は雌雄性で、多数の雌花と基部に少数の雄花をつけ、緑色、長さ5〜10mm、幅約4mm。雌鱗片は果胞より明らかに短く、帯白色で中肋は緑色。果胞は煌蘭苑で扁平、長さ3〜3.5mm、翼は広く上半部の縁は著しくざらつき、上部は急に狭まって短い嘴となり、その口部は2歯となる。果実は長さ約2mm。柱頭は3岐。果期は5〜7月。(日本のスゲ)
学名は、Carex gibba
カヤツリグサ科スゲ属マスクサ節


2015年5月31日 八雲苞は葉状で長い。
マスクサ花序 マスクサ花序 マスクサ花序
苞は葉状で長い。
マスクサ花序 マスクサ花序 マスクサ花序
小穂の基部に雄花が見える。小穂は長さ約1cm。
マスクサ花序 マスクサ花序 マスクサ
小穂の上部に雌花、基部に少数の雄花がある。小穂の基部の雄花部。
マスクサ小穂 マスクサ小穂 マスクサ小穂
雄しべが残っている。雌鱗片は果胞より短い。柱頭は3岐。
マスクサ小穂 マスクサ小穂 マスクサ雄花部
鱗片は長さ約1.8mm、先端は芒がある。鱗片は長さ約2.1mm。
マスクサ雄花 マスクサ果胞 マスクサ柱頭
果胞は長さ約2.8mm、周囲に翼がある。果胞の腹面。果胞の嘴が長く2歯、翼に鋸歯がある。
マスクサ果胞 マスクサ雌鱗片 マスクサ雌鱗片
果実は薄い果胞に密に包まれる。果実は長さ約1.9mm、盤状付属体がある。葉は幅約4mm。
マスクサ果胞 マスクサ果胞 マスクサ果胞
茎の高さは約40cm。
マスクサ果胞 マスクサ果実 マスクサ葉
マスクサ葉裏面 マスクサ
2014年5月22日 八雲苞は葉状で長い。
マスクサ花序 マスクサ花序 マスクサ花序
小穂の基部に雄花がある。雄花の葯が見える。
マスクサ小穂 マスクサ小穂 マスクサ小穂
小穂は長さ約1cm、上部は雌花。小穂の基部に雄花の葯が見える。
マスクサ花序 マスクサ小穂 マスクサ小穂
柱頭は3岐し、鱗片は果胞より短い。鱗片は長さ2.3mm、果胞は2.8mm。
マスクサ果胞 マスクサ果胞 マスクサ果胞
果胞の口部は2歯があり、周囲に翼がある。果実は長さ約2mm、盤状の付属体がある。
マスクサ果胞 マスクサ果実 マスクサ果実
葉の幅は約4mm。
マスクサ葉 マスクサ葉裏面 マスクサ葉
マスクサ マスクサ マスクサ



2012年6月11日 八雲
マスクサ マスクサ マスクサ
マスクサ マスクサ マスクサ
柱頭は3岐する。小穂の基部に雄花がある。
マスクサ マスクサ マスクサ
果胞は長さ約3mm。雌鱗片は果胞より短く、中肋は芒となる。果胞は扁平、縁は翼となる。
マスクサ マスクサ マスクサ
果実は長さ約2mm。
マスクサ マスクサ マスクサ
2011年6月4日 大海崎
マスクサ マスクサ マスクサ
果胞は長さ約3mm、広い翼がある。
マスクサ マスクサ マスクサ
小穂の基部に雄花がある。苞は葉状で長い。
マスクサ マスクサ マスクサ
マスクサ マスクサ マスクサ
2011年6月23日 東長江
マスクサ マスクサ マスクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑