マルバヤナギ(丸葉柳)

落葉高木
東北地方中部以南〜九州の湿地に生える。1本立ちで、高さ10〜20m、直径30〜80cmになる。高さより枝張りのほうが大きく、樹冠は平たい円形になる。樹皮は灰褐色で縦に割れる。裸材に隆起条はない。新枝は灰褐色、やや太くて無毛。葉は互生。葉身は長さ5〜15cm、幅2〜6cmの楕円形。縁には先端が腺になった小さな鋸歯がある。新葉のふちは巻かない。裏面は粉白色で無毛。葉柄は長さ1〜1.8cm、表側に腺がある。托葉は円形で大きく、遅くまで残り、よく目立つ。縁には鋸歯がある。雌雄別株。葉が展開したあとに開花する。日本のヤナギ属のなかでは最も花期が遅く、東京では5月。雄花序は長さ約7cmの長い円錐形。雄しべは3〜5個。花糸は離生し、葯は黄色。腺体は2個あり、合着する。雌花序は長さ2〜4cm。腺体は2個あり、合着する。子房は長い柄があり、無毛。苞は淡黄緑色で円形、無毛。果実はさく果。6月に成熟して裂開する。別名アカメヤナギ。花期は5月。
冬芽は長さ5mmほどの三角形で、先は尖る。無毛。(樹に咲く花)
学名は、Salix chaenomeloides
ヤナギ科ヤナギ属


2012年7月21日 西川津新葉は赤みを帯びる。
マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉
葉柄の上部に腺がある。
マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉裏面
托葉は鋸歯のある円形。
マルバヤバギ葉裏面 マルバヤバギ托葉 マルバヤバギ托葉
マルバヤバギ冬芽 マルバヤバギ マルバヤバギ樹皮
マルバヤバギ



2011年9月14日 玉湯新芽が赤くなる。
マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉
鋸歯の先端が腺になる。葉柄の上部に腺がある。
マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉 マルバヤバギ葉
円形の托葉がある。
マルバヤバギ葉裏面 マルバヤバギ托葉 マルバヤバギ托葉
マルバヤバギ マルバヤバギ マルバヤバギ
2014年2月24日 冬芽 西川津
マルバヤバギ冬芽 マルバヤバギ冬芽 マルバヤバギ冬芽
マルバヤバギ冬芽 マルバヤバギ枝 マルバヤバギ樹皮
マルバヤバギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑