マルバマンネングサ(丸葉万年草)

常緑多年草
本州〜九州の山地の岩場などに生え、小型のロゼットで越冬する。花茎は基部が這って分枝し、先は斜上して高さ8〜20cm。葉は対生し、倒卵形またはさじ形で長さは7〜10mm、先は丸く基部は柄状になる。茎頂に集散花序をだし、小さな黄色の花を密につける。花弁は5個、披針形で長さ4〜5mm、平開する。裂開前の葯は赤色。花期は6〜7月。
学名は、Sedum makinoi
ベンケイソウ科マンネングサ属


2013年7月17日 八雲花は直径約1cm。
マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ花
裂開する前の若い果実。果実は直径約5mm。
マルバマンネングサ果実 マルバマンネングサ果実 マルバマンネングサ果実
果実は星形に平開する。果実は上側が裂け種子が出る。若い種子。紡錘形で、長さ約0.7mm。
マルバマンネングサ果実 マルバマンネングサ果実 マルバマンネングサ種子
種子には小さな突起が密生する。
マルバマンネングサ種子 マルバマンネングサ種子 マルバマンネングサ葉
葉はさじ形で、長さ約2.2cm。
マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ葉裏面 マルバマンネングサ



2012年7月21日 東持田
マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ葉
マルバマンネングサ マルバマンネングサ
2009年7月5日 八雲
マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ葉
マルバマンネングサ
2005年6月25日 八雲2003年6月29日 斐川公園
マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ花
2004年6月27日 斐川公園
マルバマンネングサ花 マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ
2013年6月3日 蕾 島根
マルバマンネングサ蕾 マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ
マルバマンネングサ
2008年6月8日 蕾 大平山
マルバマンネングサ蕾 マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ
2005年5月28日 蕾 八雲
マルバマンネングサ蕾 マルバマンネングサ
2004年10月3日 八雲
マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ葉
2005年5月21日 宍道来待2005年6月4日 宍道来待
マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ葉 マルバマンネングサ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑