マルバアサガオ(丸葉朝顔)

つる性1年草
熱帯アメリカ原産。江戸時代に観賞用として渡来し、現在では各地に野生化している。葉は互生し、長さ7〜13cmの心形で、先端は急にとがる。花は直径5〜8cmの漏斗形で、紅紫色を中心に赤、青、白色などもある。さく果は垂れ下がり、種子は6個。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Ipomoea purpurea
ヒルガオ科サツマイモ属


2010年10月20日 東出雲
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
アサガオと混成している。
マルバアサガオ



2010年10月6日 西川津
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
果実は下を向く。
マルバアサガオ マルバアサガオ マルバアサガオ
マルバアサガオ マルバアサガオ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑