マメヅタ(豆蔦)

常緑シダ植物
東北地方南部〜九州に分布。岩上やや樹皮上に生育し、細い匍匐茎からまばらに葉を付ける。葉は丸い栄養葉と細長くてへら形の立ち上がった胞子葉がある。栄養葉は長さ1〜2cm、胞子葉は長さ2〜4cm、厚みがある。ソーラスは線形で中肋の両側に1列につくが、熟すと葉身一面に広がる。
学名は、Lemmaphyllum microphyllum
ウラボシ科マメヅタ属


2013年3月16日 東持田胞子葉は立ち上がる。ソーラスは胞子が熟すと一面に広がる。
マメヅタ胞子葉 マメヅタ胞子葉 マメヅタ胞子葉
胞子葉胞子葉の裏面胞子葉は長さ約2.5cm、長い柄がある。
マメヅタ胞子葉 マメヅタ胞子葉 マメヅタ 胞子葉
胞子嚢は直径約0.3mm。
マメヅタ ソーラス マメヅタ胞子嚢 マメヅタ胞子嚢
胞子は長さ約0.07mm。栄養葉は直径約1cm。栄養葉の裏面。
マメヅタ胞子 マメヅタ栄養葉 マメヅタ葉裏面
岩肌に這うように広がっている。
マメヅタ マメヅタ



2008年6月8日 枕木山胞子葉、ソーラスは線形で2列につく。
マメヅタ栄養葉 マメヅタ胞子葉 マメヅタ胞子葉
マメヅタ
2006年9月2日 八雲葉裏胞子葉
マメヅタ栄養葉 マメヅタ葉裏面 マメヅタ胞子葉
マメヅタ マメヅタ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑