ママコナ(飯子菜)

1年草
北海道〜九州丘陵・山地の林縁や草原などに生育する。半寄生植物。茎は直立して分枝し、高さ20〜50cmになる。葉は長さ2〜8cmの長卵形で、両端は尖り、0.3〜1.5cmの柄があり、両面に短毛がある。枝先に長さ5〜10cmの穂状花序を形成し、長さ1.4〜1.8cmの赤紫色の花を咲かせる。花冠の下唇には2条の白色の斑紋がある。苞は葉状で、縁は刺状の歯牙になる。花軸や萼には白毛がやや密に生える。花期は7〜9月。(広島の山野草)
学名は、Melampyrum roseum var. japonicum
ハマウツボ科ママコナ属


2012年8月22日 玉湯下唇内部に2個の白い斑紋がある。
ママコナ花 ママコナ花 ママコナ花序
苞葉は葉状で尖った鋸歯がある。
ママコナ花序 ママコナ苞 ママコナ苞
葉は長さ約3cmの長卵形。
ママコナ苞裏面 ママコナ茎 ママコナ葉
ママコナ葉裏面 ママコナ ママコナ



2008年8月24日 宍道苞葉に刺状の鋸歯がある。
ママコナ花 ママコナ花 ママコナ苞
苞葉。
ママコナ苞 ママコナ葉 ママコナ茎
ママコナ花序 ママコナ ママコナ
2004年8月10日 佐草苞には刺状の鋸歯がある。
ママコナ花 ママコナ花 ママコナ苞
果実
ママコナ果実 ママコナ果実 ママコナ葉
ママコナ葉 ママコナ花序
2005年8月28日 東忌部
ママコナ花 ママコナ花序 ママコナ花序
2005年7月10日 東忌部苞には鋸歯がある。
ママコナ花 ママコナ苞 ママコナ花
ママコナ花
2014年10月28日 果実 玉湯少し若い果実。熟すと2裂して種子が出る。
ママコナ果実 ママコナ果実 ママコナ果実
果実は長さ約8mm。種子が3個入っていた。種枕がついた種子は長さ約4.5mm。
ママコナ果実 ママコナ種子 ママコナ種子
種子下部の種枕。種枕を除いた種子、長さ約3.5mm。
ママコナ種子 ママコナ種子 ママコナ
ママコナ
2012年11月7日 果実 玉湯果実の裂け目から種子が見える。
ママコナ果実 ママコナ果実 ママコナ果序
果実に1個の種子が入っていた。種子は長さ約2.5mm。鋸歯のある苞が残っている。
ママコナ果実 ママコナ種子 ママコナ果序
枯れた茎、枝。
ママコナ果序 ママコナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑