マコモ(真菰)

多年草
北海道〜九州の沼沢や河口に生育し、著しく群生する。茎は高さは1〜2m、根茎は太く横に臥して伸び、その先端に越冬芽をつけ、越冬芽は泥の中に潜む。茎は太く円柱形、平滑・無毛。葉は長さ50〜100cm、幅2〜3cm、無毛でざらつく。花序は長い円錐形、長さ40〜60cm、枝は半輪性。花序の上半に雌性小穂が、下半に雄性小穂がつく。雌性小穂は線状披針形、長さ20〜25mm、淡黄緑色を帯び長い芒がある。雄性小穂は挟披針形、長さ6〜10mm、淡紫色。果実は混紡形、暗灰色、光沢がなく長さ8〜9mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Zizania latifolia
イネ科マコモ属


2010年9月29日 雌小穂 西川津雌小穂には長い芒がある。
マコモ マコモ マコモ
雄小穂は花枝の下方につく。
マコモ マコモ マコモ
雄小穂に長い芒がつくものもある。上方に雌花、下方に雄花がつく。
マコモ マコモ マコモ
マコモ



2008年10月4日 雄小穂 西川津雌小穂
マコモ マコモ マコモ
雌小穂には2〜3cmの芒がある。雄花大きな葉舌がある。
マコモ マコモ マコモ
マコモ マコモ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑