マイヅルソウ(舞鶴草)

多年草
北海道〜九州の山地から亜高山帯の針葉樹林内に生える。根茎は長くはう。茎は高さ10〜25cm。葉は長さ2〜4cmの柄があり、卵心形で長さ3〜7cm、先はとがり、基部は深い心形。茎頂に白色の小さな花を多数総状につける。花被片は4個、長さ約2mmでそり返る。果実は球形の液果で直径5〜7mm、赤く熟す。花期は5〜7月。(山に咲く花)
学名は、Maianthemum dilatatum
キジカクシ科マイヅルソウ属


2004年5月1日 大山
マイヅルソウ マイヅルソウ マイヅルソウ
マイヅルソウ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑